新潟の新ブランド豚「純白のビアンカ」とは?


全国の肉の消費量は鶏→豚→牛肉の順番ですが、この消費傾向には地域差があり、豚肉は東、牛肉は西で消費量が多いようです。鶏肉に関してはそれほどの地域差はありませんが、九州地方の消費量が比較的多いようです。家計調査によると、新潟県内の豚肉消費量は毎年全国トップクラスで、生産されるブランド豚の数も多いとのこと。
今回は、そんな豚肉が大好きな新潟県民が注目している新しいブランド豚についてご紹介します。

新潟の豚肉消費量は全国トップクラス

新潟県は豚肉の消費量が全国トップクラス、ということで新潟県民は豚肉が大好き。
新潟県には越後もち豚津南ポークをはじめ、数多くのブランド豚が生産されています。
そんな中、最近注目を集めているのが佐藤食肉のブランド豚『純白のビアンカ』
“豚”や“ポーク”といったワードが入っていないネーミングの為、初めて聞く人にはこれが豚肉とは気が付かないかもしれません。
一体どのような豚肉なのでしょうか。

新ブランド豚『純白のビアンカ』とは?

『純白のビアンカ』を生産しているのは、新潟県阿賀野市にある”株式会社 佐藤食肉”。
同じく阿賀野市にあります人気ヨーグルト店”ヤスダヨーグルト”、”長岡牧場”とタッグを組んで商品化されました。
『純白のビアンカ』というネーミングですが、ビアンカはイタリア語で”白”という意味。ホエイ(ヨーグルトの表面に出てくる白い液体=乳清)の白と、雪国の白い景色をイメージして名付けられたそうです。
豚肉の美味しさは豚の系統や飼育環境、そして与えられる飼料で違うと言われています。
『純白のビアンカ』の最大の特徴は、ヨーグルトの製造過程でできるホエイ(乳清)を飼料として与えられていること。栄養価の高い乳酸菌により、餌の消化・吸収が良くなり健康的な豚に育つそうです。
『純白のビアンカ』の味の特徴は、香り高くさっぱりとした上品な甘味
すでに新潟市を中心に多くの飲食店が『純白のビアンカ』を豚肉料理の食材として取り入れていて、背脂を使用したラーメン店も昨年オープン。大きな話題を呼んでいるんですよ。

豚肉は夏バテ予防にも最適!

豚肉というと、脂身が多いイメージで敬遠されがちですが、ビタミンB1をはじめ、リンカリウムが豊富に含まれているので疲労回復の効果があり、夏バテ予防に良いと言われています。
玉ねぎと合わせて食べるとビタミンB1の吸収はさらに良くなります。玉ねぎが入った”生姜焼き”や、スライスした玉ねぎが添えてある”冷しゃぶ”などは、実はとっても理にかなったメニューなんですよ。
また、脂身はコレステロールを下げる脂肪酸も含まれており、カロリーもそれほど高くありません。バランス良く摂取すれば、とても健康的な食材です。

純白のビアンカを加工したベーコンやソーセージなど、全国どこからでも一部の通販サイトから購入することができます。
新潟県民がこよなく愛する新しいブランド豚を一度ご賞味してみてはいかがでしょうか?

美味しい豚肉で、まだまだ続く暑い夏を乗り切りたいですね!