日本にただ一つ!“うに牧場”で育った絶品「うに」

岩手県北部に位置する洋野町。北三陸の海岸は南三陸のリアス式海岸と違い外洋に面しています。養殖業業は難しい一方、豊富な天然のワカメや昆布に恵まれてきました。約40年前、洋野町では、沿岸浅瀬の岩盤にミゾを掘ることで「うに」が生育できる環境を人工的に作りました。これが“うに牧場”です。

年間数頭の出荷!天然記念物に指定されている幻の和牛『見島牛』

日本に神戸牛や松坂牛など、有名なブランド牛が数多く存在します。その中で『見島牛』という牛をご存知でしょうか。とても希少で幻の牛とも言われ、“国指定の天然記念物”にも登録されている和牛なんです。そして、なんと天然記念物なのに食用として出荷されているのです!今回はこの幻の牛『見島牛』をご紹介します!

日本で初の生ハム工房。尾島さんの作る無添加・国産「生ハム」

今回ご紹介するのは、国産の豚と塩だけを使用し、無添加の生ハムを作り続けていらっしゃる、『セラーノの生ハム』です。 日本で初の無添加の生ハムで、豚の味も旨味が濃くて美味しく、こだわりの安心安全な生ハムです。 創業者の渡島博さんは日本の生ハム文化の第一人者として有名です。

今年最初の旬!4月が狙い目!江ノ島の「生しらす」(湘南)

シラス漁は、太平洋沿岸の相模湾、駿河湾、伊勢湾、瀬戸内海などで多く漁獲されています。関東では、湘南地方の江ノ島の「生しらす」が有名なのではないでしょうか。「しらす」の魅力といえば、小さい身体ながら、旨味が詰まっている存在感ではないでしょうか。今回は、この江ノ島の「生しらす」の旬や秘密を探りたいと思います。