逸品グルメ-IPPIN-

トレビスと紫キャベツは別のモノ!?食卓を彩るトレビスの魅力とは?

トレビスはヨーロッパ原産の葉物野菜です。見た目は紫キャベツにそっくりですが、味や成分はまったく異なります。イタリア産やアメリカ産が主流ですが、最近では北海道や青森県、鹿児島県などでも栽培されるようになりました。

 

食卓を彩りとしても映えるトレビスの魅力を紹介します。

 

トレビスの特徴

 トレビスはキク科の多年生野菜であるチコリの一種です。見た目は紫キャベツにそっくりで、別名赤チコリとも呼ばれています。紫キャベツのように丸い形をしているトレビスですが、品種によっては白菜のような細長い形をしているトレビスもあります。

 

海外、特にイタリア料理では主にサラダとして食べられているそうです。チコリとは食べる部分が異なります。チコリは芽の部分が可食部ですが、トレビスはキャベツのように葉の部分を食べます。

 

イタリアではトレビスをラディッキオロッソと呼び高級食材として流通されているそうです。イタリアの「水の都」としても名高い、ヴィネチアがあるヴェネト州が主力産地です。

 

トレビスの歴史

トレビスは元々薬草として使われていました。現在の栽培方法が確立されて野菜として扱われるようになったのは15世紀頃といわれています。

 

日本に初めて輸入されたのは1980年代に入ってから。イタリアやアメリカから輸入されていました。現在流通しているトレビスも、アメリカ産やイタリア産がほとんどです。

 

トレビスの特徴として冷涼な気候を好む作物であることが挙げられます。イタリア北東部やアメリカ北部で生産されていることからも違います。日本は地域によって寒暖差が激しい国です。北海道でも太平洋側が暖かく日本海側が寒いと言うように同じ県でも寒暖差が激しいのが特徴です。

 

近年では、年間を通して冷涼な地域である北海道や青森県、長野県や岡山県鹿児島県でも栽培出荷されています。収穫適期は11月から3月頃まで。地域によっては6月上旬から10月に出荷できるようなサイクルで栽培されていることもあります。輸入もあるため、1年中市場にある野菜です。

 


トレビスの成分

 

トレビスの成分を見た目が似ている赤キャベツと同じ名前のチコリで比べてみました。

 

成分値

トレビス

赤キャベツ

チコリ

エネルギー

18 kcal

30 kcal

16 kcal

水分

94.1 g

90.4 g

94.7 g

タンパク質

1.1 g

2 g

1 g

脂質

0.2 g

0.1 g

炭水化物

3.9 g

6.7 g

3.9 g

灰分

0.7 g

0.8 g

0.4 g

飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸

食物繊維

2 g

2.8 g

1.1 g

カロテン

14 μg

36 μg

11 μg

ビタミンE

0.2 mg

0.1 mg

0.2 mg

ビタミンK

13 μg

29 μg

8 μg

ビタミンB1

0.04 mg

0.07 mg

0.06 mg

ビタミンB2

0.2 mg

0.03 mg

0.02 mg

ナイアシン

0.03 mg

0.3 mg

0.2 mg

ビタミンB6

41 mg

0.19 mg

0.03 mg

葉酸

0.24 mg

58 mg

41 mg

パントテン酸

0.24 mg

0.35 mg

0.14 mg

ビタミンC

6 mg

68 mg

2 mg

ナトリウム

11 mg

4 mg

3 mg

カリウム

290 mg

310 mg

170 mg

カルシウム

21 mg

40 mg

24 mg

マグネシウム

11 mg

13 mg

9 mg

リン

34 mg

46 mg

25 mg

0.3 mg

0.5 mg

0.2 mg

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

赤キャベツとチコリに比べて、ビタミンB2 B6が高いのが特徴です。ビタミンB2は脂肪の燃焼を促し、体のエネルギーを作るために必要なビタミンです。一方でビタミンB6はアミノ酸の合成や分解に必須な栄養素で、タンパク質の効率的な利用に役立ちます。

 

特にビタミンB2はレバーやうなぎ、魚卵などに多く含まれており日常的に取り入れるのが難しい栄養素でもあります。代謝にも影響する重要な成分なので、ダイエットにも効果的です。

 

トレビスのおいしい調理方法

トレビスの調理方法は基本的には生食、つまりサラダです。ただし、トレビス特有の苦味があるため、子供向きの野菜ではありません。ツナやドレッシングなどの味付けの濃いものと一緒に食べることで、苦味がアクセントになります。

 

ホットドックやサンドイッチの具材としても重宝しますし、サラダに混ぜることで食卓に彩りを出すのもおすすめの使い方です。

 

おいしいトレビスの選び方

おいしいトレビスの選び方は2つのポイントをチェックします。

l  葉先が乾いておらず、みずみずしさがあるもの

l  手に持ったときにズシッとした重みがあるもの

トレビスは鮮度が落ちてくると、葉先が乾燥して薄くなるのが特徴です。葉先と全体を見て、乾燥具合をチェックしてください。

 

実際に手に持ったときにズシッとした重みを感じられれば、葉の巻具合が締まっていることが判別できます。ただし、白菜のような長いタイプのトレビスは葉先に向けて広がっているため、重さ判別が難しい場合もあります。

トレビスの栽培方法

外国原産ということもあり、野菜苗で販売していることがほとんどありません。そのため、種から栽培するのが一般的です。

 

春に種をまくのであれば、3月上旬から下旬、秋は8月上旬から9月上旬に行います。直径7.5cmのポリポッドに培養土を入れ、1つのポッドに対して67粒の種をまいてください。まいた後は、土をかぶせて水やりをします。

 

発芽したら生育の良いものを残して間引きを行い、1ポッド1株にします。ポッドで生育できるのは本葉が5枚から6枚になるまでです。

 

露地栽培の場合、植え付けは春まきで4月上旬〜下旬、秋は9月上旬から下旬です。株間を30cm以上にしてポットの土がすっぽり入る大きさ深さの穴を掘ります。穴にポットの土ごと苗を入れて株元を安定させたら葉っぱに土がかからないようにして、株元へ土をかぶせて水やりをします。

 

追肥は植え付けの2週間後が目安です。収穫はキャベツや白菜と同じように硬く締まっていることを確認して行います。初心者でも栽培しやすいため、家庭菜園にもおすすめです。

 

まとめ

 

トレビスは外国野菜の中でも栄養価が高く、彩りという面でもレストランや家庭の食卓で使われることが多い食材です。ダイエット食としても優秀なトレビス。ぜひ一度お試しください。