逸品グルメ-IPPIN-

「トゲクリガニ」は青森の花見に欠かせない食材の1つ!JRの駅長?まで出世した有名蟹!

トゲクリガニをご存じですか?

毛ガニと同じクリガニ科の仲間で、カニ味噌が毛ガニ以上に濃厚でクセになる絶品ガニといわれています。 青森県の陸奥湾に生息しており、旬が青森の桜シーズンと合致することから「青森県民のお花見」に欠かせない食材でもあります。 そんなトゲクリガニですが、なんと有名になりすぎてJR駅の駅長にまで出世したのです!

ここではトゲクリガニの魅力を紹介していきます。

トゲクリガニは毛ガニの一種

トゲクリガニは毛ガニと同じエビ目カニ下目クリガニ科の分類されるカニの一種です。

ちなみに、毛ガニの正式名称は「オオクリガニ(大栗蟹)」といいます。 毛ガニといえば、北海道の毛ガニが有名です。 塩茹でや焼き物、缶詰などに利用されていますが、タラバガニやズワイガニと比べると食べる部分が少ないというデメリットがあります。

しかし、その分カニミソの量が多く、カニ本来の旨味が凝縮されているのが特徴です。 トゲクリガニは毛ガニと産地が全く異なります。 毛ガニは北海道の沿岸(季節毎に漁獲場所が異なる)ですが、トゲクリガニは北海道西岸から津軽海峡を経て東京湾までと生息地域が広いのも特徴です。

青森のお花見では欠かせない食材

トゲクリカニの旬は4月下旬から5月で、青森県の桜のシーズンと合致しており、地元ではお花見に欠かせない食材として親しまれています。 桜時期に旬がくることから、青森県民はトゲクリガニが出回ることで季節の到来を感じるそうです。

青森県が生んだ文豪「太宰治」もトゲクリガニが大好物なんだとか。 小説「津軽」の中にも登場していますね。 県外では中々出回ることがないため、多くの観光客が桜とトゲクリガニを求めて青森県に訪れているそうです。

花よりダンゴならぬ、花よりトゲクリガニですね。


トゲクリガニの最高の食べ方


トゲクリガニの食べ方は「茹で」が最もオススメです。 可食部分の「身」はそれほどありませんが、カニ味噌が豊富です。濃厚なため、タラバやズワイと違いクセが強く、大人向けの食材といわれています。

甲羅にお酒を入れて呑むのも乙な愉しみ方です。 ふんわりとしたカニ味噌の甘い香りと日本酒の辛味がマッチして、肴としても人気があります。

青森の地酒でもあり全国的にファンも多い西田酒造の「田酒」はトゲクリガニが生息する陸奥湾沿岸に本社を構えています。 田酒は深みのある辛口と飲んだ後に生じる、引っかかるような感じが一切ないすっきりとした後味が特徴の日本酒です。トゲクリガニ+田酒は、青森県民にとっては春の風物詩ともいえます。

地元でもあまりお目にかかれないのが内子、卵です。 内子はメスの漁獲が禁止されている毛ガニでは絶対に味わえません。

トゲクリガニでしか味わえないのが特徴の珍味なのです。 内子はメスの中でも100%入っている訳ではありません。 個体によって量にバラツキがあるため、 内子入りのトゲクリガニが中々市場に出回らないのです。

JR駅の駅長にまで出世したトゲクリガニ

青森県東津軽郡外ヶ浜町にあるJR蟹田駅では、2012年の5月からトゲクリガニの「津軽蟹夫」(つがるかにお)が観光駅長に就任しました。 ゆるキャラかと思われるかも知れませんが、実際に生きているトゲクリガニです。 ネコや犬などが観光駅長、名物駅長として観光に一役買っていました。生きている「カニ」が駅長を務めていたのは「JR蟹田駅」だけでした。

主な仕事は「リゾートあすなろ津軽号」という観光列車のPRです。このJR蟹田駅がある外ヶ浜町蟹田地区は、元々「蟹田町」として東津軽郡最大の町として栄えていました。 しかし、蟹田町を含む近隣町村の人口減少などに伴い、2005年に平舘村と三厩村と町村合併をし、外ヶ浜町として新しく誕生したのです。

津軽蟹夫は、すでに観光駅長から勇退していますが、蟹田駅に蟹の駅長が居たことは蟹田地区をはじめ、東津軽界隈では有名な話なのです。

新鮮さが勝負の「活茹で」

トゲクリガニは地方発送も行なう際、基本的には活きた状態で発送されます。 カニは死んでしまうと味が落ちるのが早くなってしまうためです。 お取り寄せで届いた際は冷凍庫に保管せず、すぐに茹でて食べることをオススメします。

トゲクリガニの茹で方

トゲクリガニの茹で方は毛ガニの茹で方とほぼ同じです。

・カニの体の表面をたわしなどでこすり汚れを落とす  茹でる際に脚が取れるのを防ぐために輪ゴムで脚と体を固定する

・鍋に水を入れ3%の塩(1Lあたり30g)を加える

・ 水の状態で甲羅を下にしてカニを投入する

・沸騰してから10分~15分ほど茹でて完成

ポイントは、鍋に入れる塩の量と水の状態からカニを投入することです。 塩が少なすぎると、カニから旨味が茹汁に溶け出してしまいます。 また、沸騰したお湯に活きたカニを投入すると、命の危険を感じたカニは脚を自切してしまい、切り口から旨味が逃げ出します。 塩の量に注意した上で水温が低い状態から鍋に投入してくださいね。

トゲクリガニが食べられる場所

青森県内周辺では季節限定で扱っている料亭やレストランがあります。 やはりオススメは生息地である陸奥湾周辺の食事処です。 水揚げされてからすぐに茹でられていることもあり、新鮮なトゲクリガニを堪能できます。