夏が旬!極太肉厚!千葉県竹岡産「太刀魚」

『太刀魚』の特徴

 釣人の間でも人気のある『太刀魚』。
 体がほそながく白銀色に輝き、形が”太刀”に似ていることから名付けられたとも言われていますが、頭を垂直に泳ぐことから“立ち魚”と呼ばれていると言う説もあります。
 この「太刀魚」のなかでも、太刀ではなく、もはや、こん棒レベルの厚みと美味しさを兼ね備えている極太『太刀魚』があります。
 それは、千葉県竹岡産の太刀魚です。

千葉県竹岡産の『太刀魚』

 体調1〜2メートルにもなるという、千葉県竹岡産の極太「太刀魚」は一年を通して釣れますが、6月〜8月頃の“夏太刀”は特に脂の乗りが良く“マグロの大トロ並み”、“旨味は鯛をしのぐほど”と言われるほどの逸品。
 身質は柔らかく、風味もよく、脂が乗っています。焼いても脂臭くなく、ふっくらとしていて、口の中でとろけます。また、刺身で食べても甘みと旨味が口に広がります。
 極太だから味はどうなのかなぁと思いましたが、全然違います。ぜひ一度、食べてみてください。

 ちなみに、『太刀魚』は英語でcutlass fish と言うそうで、cutlassとは、よく海賊が持っていそうな湾曲した剣のことみたいです。太刀だからソードなのかなと思いましたが、sword fishはメカジキのことなので全然違いますね。

夏が旬の魚介類