この夏必見!日焼けを防止する食べ物!


7月に入り暑い日が続いています。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
この時期になると日差しも強くなり、やはり気になってしまうのは日焼け。短時間でも外に出ると日焼けしてしまいますよね。日焼け対策には、もちろん日焼け止めが効果的ですが、体の内側から肌を守り、日焼けの対策ができる食べ物もあるのです。逆に、日焼けがしやすくなる食べ物もあるんですよ!
今回は日焼け対策として、“外出前に食べておきたいもの”、“日焼け後に食べると良いもの”、“朝食時に食べない方が良いもの”をご紹介します!

活性酸素が肌の老化の原因

紫外線を浴びると体内に活性酸素という物質が発生します。これが、肌の細胞を壊して老化を促進させる原因です。鉄も酸素と結びつくとサビるし、バナナも放っておくと酸素と結びついて黒くなってしまうのと同じ現象です。それが、体内で起こっているのです。怖いですね、活性酸素…。
この活性酸素のはたらきを抑制することができる食べ物があるのです。

日焼け対策に効く栄養素は…

“外出前の予防”、“日焼け後の対策”として、まず何よりもビタミンCの摂取が必須です。

ビタミンC

ビタミンCには抗酸化作用があり、体内に生じてしまう活性酸素を抑制するはたらきがあります。また、日焼けをして黒くなる原因の、メラニン色素の発生を抑え、シミ、ソバカスを予防するはたらきがあります。そして、日焼け後のメラニン色素を無色化する効果もあるので、日焼け前、日焼け後のどちらにも効果のある栄養素です。

ビタミンCと一緒に摂ると、さらに肌の老化防止になる栄養素は…

ビタミンE

ビタミンEは活性酸素の発生や除去だけでなく、血行を良くし、皮膚の代謝を高め新しい肌を作る効果があります。

ビタミンA

ビタミンAは抗酸化作用に加え、肌の回復を進め、日焼けによるダメージの補修を行い乾燥肌の予防する効果があります。

リコピン

リコピンは抗酸化作用が高く、さらにメラニンの生成を抑える効果もあるので、日焼け対策にはもってこいです。肌のダメージ回復にも効果的です。

日焼け前後に食べると良い食べ物


ビタミンC、E、A、リコピンを含む食べ物といったら…そうです “トマト” です。
全ての栄養素が含まれており、日焼け対策に効く栄養素を効果的に摂取することができます。もちろん、生でも良いのですが、トマトの場合加工されている食品の方がリコピン含有量が多く、トマトジュースがオススメです。また、調理するする場合は、加熱するとより効果的です。

その他、効果のある食べ物は…

イチゴ…ビタミンCが豊富で美白作用、抗酸化作用。朝出かける前食べると日焼け対策として効果的
アセロラ…ビタミンCが多く活性酸素の除去と、メラニンの生成を抑制。朝出かける前や、日焼け後の対策として“アセロラジュース”が大変効果的!
にんじん…シミ、シワの対策。リンパの流れを良くし老廃物の排出効果。
スイカ…スーパーアミノ酸を含む!!血管を健康に保ち、新陳代謝を促進。
かぼちゃ…目に入った紫外線は目の疲れや、かすみ目の原因に。かぼちゃの中のルテインが効果を発揮します。
アボカド…日焼けによる肌のダメージ回復に。ミネラルや職務つ繊維も豊富。
ブロッコリー…日焼けのダメージ回復を促進

その他、意外な食べ物…

アーモンド…毎日20粒食べると、食べていない人よりも日焼けしにくいという研究結果が出ています。
うなぎ…ビタミンAが豊富で活性酸素の発生を抑制します。日焼けした肌の回復をサポート。夏バテ予防にも!

日焼けに効く食べ物は…全体的に“赤い食べ物”が多いです!
特に“トマト”と“アセロラ”は覚えておいてください!

日焼けしやすくなる食べ物

【特集】旬の夏野菜をご紹介

【特集】旬の夏野菜をご紹介