甘くて濃厚!ホクホク食感!幻のジャガイモ『インカのめざめ』

ジャガイモの産地として有名な北海道でも、なかなかお目にかかれない、幻のジャガイモを知っていますか?その名も『インカのめざめ』。栗やさつまいものような風味と甘みが特徴で、産地の北海道でもなかなか流通しておらず、入手困難なジャガイモなんです。大人気の『インカのめざめ』に秘められたジャガイモパワーをご紹介します。

ジャガイモは“悪魔の植物”!?

ジャガイモはナス科ナス属の植物です。デンプンが多く蓄えられる地下の茎の部分を芋として食用にしています。原産はアンデス山脈の高地と言われ、16世紀にはヨーロッパに伝わり、親しまれるようになりました。この、ヨーロッパにジャガイモを運んでいるとき、芽がでた物を食べ、毒にあたってしまったため“悪魔の植物”とも呼ばれていました。ご存知のようにジャガイモの芽や、緑化したジャガイモには毒性成分のポテトグリコアルカロイド、いわゆる“ソラニン”が多く含まれ、これが中毒の元になります。大量に摂取してしまうと下痢、腹痛、めまいなどを起こしてしまうため、料理の際には芽や緑になっている部分を、しっかり取り除きましょう。

ジャガイモの“ジャガ”ってなんだ?

日本には、1600年ごろにオランダの船で、“ジャカルタ港”から運ばれてきました。このとき、“ジャカルタから来たイモ”が“ジャガタライモ”と呼ばれるようになり、それが変化して“ジャガイモ”、となったという説があります。
ジャガイモは江戸時代には、日本で栽培が始まりました。ジャガイモは、植えてから3、4ヶ月で収穫ができ、土壌もあまり選ばず、しかも保存が効くために、一年を通して出荷されています。基本的には寒い地域の野菜なので、日本では北海道が全体の約7割を占めています。
北海道では、春に植えて夏から秋口に収穫されます。鹿児島や長崎など暖かい地方になると、冬に植え4、5月ごろに収穫され“新ジャガ”と言われています。

『インカのめざめ』とは…


 『インカのめざめ』はアンデス地方で、特別な日や祭日にしか食べることができなかったという高級ジャガイモの”ソラナムフレファ”という種類を日本向けに品種改良したじゃがいもです。鮮やかな黄色をしていて、栗やさつまいものような風味が特徴的です。
一般的にジャガイモは糖度が4度程度なのに対し、『インカのめざめ』糖度は6〜8度と高く、濃厚な味わいと甘みが特徴で、ねっとりとしたサツマイモのような口当たりや食感がありホクホクしています。表皮は、普通のジャガイモとほとんど変わらない色をしていますが、大きさは一回り小さく、大きさにばらつきがあります。濃厚な味わいから、欧米では“バターポテト”とも呼ばれています。

『インカのめざめ』が幻の理由


『インカのめざめ』は害虫や疫病に弱く、とても栽培が難しい品種です。また、サイズも小さいため、収穫に機械を使うことができず、すべて手作業で掘り起こします。このような、栽培や収穫の難しさや、発芽しやすく長期保存にも向いていないという点からも、あまり生産されておらず、市場への流通量が多くはありません。甘くて舌触りが良い点からも、洋食店やホテル、レストランなどで非常に人気の品種ですが、産地の北海道でさえも、なかなか流通せず、知らない方もいらっしゃるほどで、入手困難で貴重となっています。出会う機会も少ないことから『インカのめざめ』が幻と言われているのです。

『インカのめざめ』の栄養素


ジャガイモは栄養価が高く“大地のりんご”とも呼ばれています。主成分はデンプンですが、他の野菜と変わらないレベルのビタミンやミネラルを含んでいます。
一般的にビタミンCは熱によって壊れてしまいますが、ジャガイモの場合はデンプン質に守られているため、比較的壊れずに摂取することができます。ビタミンCは、抗酸化作用によって、老化を防止したり、免疫力を上げる効果があります。また、カリウムも豊富に含んでおり、余分なナトリウムを体内から排出し、高血圧の予防むくみ解消などの効果があります。全体として、ジャガイモは緑黄色野菜と同じような栄養素を摂取できる上に、エネルギー源にもなるすごい野菜なんです。『インカのめざめ』も同様です。それに加え『インカのめざめ』の特徴である鮮やかな黄色には、抗酸化作用の強いカロテノイド系色素という成分が含まれており、老化の原因になる活性酸素を消去する機能があるといわれています。
でんぷん質の量も、一般的なジャガイモが12%ほどのところ『インカのめざめ』は17%と高いため、煮崩れしにくく濃厚な味わいと、ホクホクした食感を生み出しています。低温で貯蔵すると甘みがますためお菓子にも利用されるそうです。

サツマイモのような濃い黄色と強い甘みで、栗やカボチャのような味わい。
ホクホクしていて、粘り気もあって、糖度も高い。
幻のジャガイモ『インカのめざめ』をぜひ体験してください!

【特集】旬の夏野菜をご紹介!

【特集】旬の夏野菜をご紹介