今年最初の旬!4月が狙い目!江ノ島の「生しらす」(湘南)

シラス漁は、太平洋沿岸の相模湾、駿河湾、伊勢湾、瀬戸内海などで多く漁獲されています。関東では、湘南地方の江ノ島の「生しらす」が有名なのではないでしょうか。「しらす」の魅力といえば、小さい身体ながら、旨味が詰まっている存在感ではないでしょうか。今回は、この江ノ島の「生しらす」の旬や秘密を探りたいと思います。

高血圧予防にも『唐芋』ですっきりデトックス

皆さま、唐芋(からいも)という野菜をご存知ですか?この唐芋、実は誰でも知っている“ある野菜”の別名なのです。今回は、なぜ薩摩芋を唐芋と呼ぶのか?唐芋を美味しく食べられる「本当の旬」や豊富に含まれる栄養素など、唐芋に関する様々な情報をご紹介していきます。

日本で桜エビ漁ができるのは1か所だけ!旬の時期は?

淡いピンク色の体が美しい桜エビは、海の宝石にも例えられます。日本で桜エビの生育が確認されているのは、駿河湾、東京湾、相模湾です。この中で漁の許可が与えられているのは、じつは1つの湾だけ。桜エビは鮮度が落ちやすく、生の桜エビを食べたい場合は、桜エビ漁を行なっている漁港近くへ行く必要があります。

白身の大トロ!長崎のノドグロ『紅瞳(ベニヒトミ)』

“白身の大トロ”と言われるほど、旨味が濃く、上品な甘さをもっているノドグロ。脂肪をたっぷり蓄えた身は、とろける味わいです。その美味しさからも、大人気の『ノドグロ』ですが、その中でも脂のノリがよく、レベルの高い『ノドグロ』があります。それが長崎の『紅瞳(ベニヒトミ)』です。