想像を超える!和食鉄板『朔月』の絶品ダチョウ料理に舌鼓(銀座)

「ダチョウ肉」は取り扱う店が極端に少ないですが、海外のセレブや美食家たちに密かなブームを巻き起こしているのがこの「ダチョウ」。銀座にある鉄板料理「朔月」では料理長の探求心と、徹底的な仕入れのこだわりから「ダチョウ」の良さを最大限に引き出した料理が堪能できます。今回は朔月の『魅せるダチョウ』をご紹介致します。

北海道『真昆布』の特徴!美味しく美容と健康の味方! 発がん予防も!?

昆布はフコイダンという、硫酸化多糖の一種を多く含むことで有名です。中でも肉厚でよいダシのでる北海道の真昆布は美容と健康にも役立つ1品。褐藻類の粘質物に多く含まれる食物繊維のフコイダンをふくむ食品は毎日適度に取ると発がん予防にも期待できると言われています。
そんな美味しくて健康にもいい真昆布とはどんな食材なのかをご紹介します。

日本で桜エビ漁ができるのは1か所だけ!旬の時期は?

淡いピンク色の体が美しい桜エビは、海の宝石にも例えられます。日本で桜エビの生育が確認されているのは、駿河湾、東京湾、相模湾です。この中で漁の許可が与えられているのは、じつは1つの湾だけ。桜エビは鮮度が落ちやすく、生の桜エビを食べたい場合は、桜エビ漁を行なっている漁港近くへ行く必要があります。

埼玉の川越にある卵料理専門店「オハナ」の逸品『親子丼』

埼玉県川越の卵料理専門店の親子丼。
プリっとした鶏肉に半熟とろとろの卵。
さらには、甘い出汁がご飯に染み込んで・・・
新鮮な卵に魚介のダシを使った親子丼。
「オハナ」とは、ハワイ語で「家族」という意味だそうで、オーナーさんの意図のようにアットホームな雰囲気で、ふわふわ卵がのった親子丼は、体も心もふわふわにさせてくれる「逸品」。

これからが旬!美味しい筍(たけのこ)の選び方や調理方法をご紹介!

美味しい筍(たけのこ)の選び方や調理方法をご紹介!筍は一年を通して食べられていますが、年間を通して一番美味しい筍が出回るのは初春のこの時期からです。栄養豊富で、さらにダイエット効果が期待できる最適な食材なのです。だけどエグみが取れなくて、、、。とお困りの方!あることに注意するだけで美味しい筍に早変わりします。

【特集】旬の春野菜は美味しく健康におすすめ!

寒い冬を乗り越え、いよいよ春到来。
柔らかな春キャベツやみずみずしい新玉ねぎなど、暖かな春に旬をむかえる美味しい野菜たち。
これらは味だけでなく、豊富なビタミンで疲労回復や老化を防ぐ効果も期待できます。
また、春はタケノコや菜の花など、滋味豊かな食材を味わうチャンス!
春野菜を美味しく食べて健康で豊かな毎日を過ごしましょう。

『ホタテ』は食べる栄養ドリンク!?知られざる『ホタテ』の能力

刺身・フライ・釜飯など、一口では語りつくせぬほどの魅力と味わいを持つ「ホタテ」。そんな美味しいホタテが、実は栄養ドリンク顔負けのスーパー食材だということをご存知でしょうか?美味しいだけではなく、驚くべき効果を発揮するホタテのパワーを解説していきます。肉厚に成長した旬のホタテを食べ、心も身体も満たされましょう!

若返り食材『小松菜』実はカルシウムが牛乳なみ!

私たちの強い味方『小松菜』。美味しいうえに安くて、栄養満点!そんな小松菜にも旬の時期があることをご存知でしょうか?実は牛乳並みのカルシウムを持っていたり、その他にも嬉しい栄養の塊である小松菜。手軽な食材“だからこそ”知らない小松菜の能力を、美味しい小松菜の選び方と併せてご紹介します。

パクチー、コリアンダー、シャンツァイの違いは何??

『パクチー』人気は衰え知らず。食べたときの独特の味と香りで、好き嫌いが別れる香草ですが、“パクチーサラダ”や“パクチー食べ放題”なんていうお店もよく見かけるようになってきました。 そんな、『パクチー』ですが、同じ味、香りがする“コリアンダー”や“シャンツァイ”との違いはどこにあるのでしょうか?

あらゆる病気にパワーを発揮『玉ねぎ』の栄養素を知ろう

『玉ねぎ』は本当にスゴイ栄養素をもっているのです。なんと、あの茶色い皮にまでも含まれています。この記事を読んだことをきっかけに、もっと『玉ねぎ』を身近に感じて頂ければと思います。“オリゴ糖”が腸内環境を整える。“硫化アリル”は血液の質を上げ、血液をサラサラに!

北海道の『枝幸ホタテ』の加工場「須永水産」

北海道枝幸町、明治創業、漁師のお店!
長年のノウハウと鮮度へのこだわりは随一。オホーツク海で
とれた最高品質の海産物を鮮度を落とさず最高の形でお客様に届けるために私たちは妥協しません。

北海道枝幸の漁港からオホーツク海で穫れる最高品質の海産物を採れたてでお客様へダイレクトにお届けします。

いちごの「逸品」『あまおう』の由来は=「甘王」ではない。。。

そんな『あまおう』は商品名をひらがなで書きますが漢字で「甘王」とは書きません。それは名前の由来から来ているのですが皆さんご存知でしょうか?『あまおう』は最初の品種名が「福岡S6 号」という名前で、販売を開始する際にコレでは売れないと名前を公募しました。その際に応募があった〇〇が由来。

これから注目される!「植酸栽培」とはどんな農法?

自然が持つ本来の力を生かした農法には、有機農法や自然農法などさまざまなものがあります。近年その中でも注目されているのが「植酸栽培」です。

植物は、根から「植酸」と呼ばれる消化液を分泌しています。この植酸には、81種類もの有機酸が含まれており、肥料を与えた農地に残存しやすい硫酸や塩酸などの成分を無毒化する力を持っていることがわかっています。植物は、自ら排出するこの植酸により土壌を改善しながら、生育にベストな環境を作り出しているのだそうです。

黒にんにくの健康効果とは!?アンチエイジ・血液サラサラ!

「黒にんにく」をご存知ですか?テレビでも取り上げられるほど健康効果が注目を浴びる黒にんにくはドライフルーツのようとも言われています。
通常のにんにくとどのように違うのでしょうか。産地や味から、健康効果、食べ方について、白にんにくとの違いに沿ってご紹介します。

長野県南信州「飯島」産の『アルプスサーモン』

『あるぷすサーモン』とは南信州の「飯島」産のニジマスのオリジナルブランドです。脂のきめが細かく味わいが上品なこと。また、サーモン特有の臭みがないうえに鮮やかな色合が食欲をそそる「逸品」です。「あるぷすサーモン」の最大の特徴は染色体が三倍体の「ニジマスの鱒児」ということ