注意!!日焼けしやすくなる食べ物


 逆に、日焼けしやすくなる食べ物もあるんです!!日焼けしたくない人は必見です!!朝食時に食べない方が良いもの。

それは…柑橘類!!
柑橘類の代表としてオレンジ、グレープフルーツ、レモン、キウイ、柑橘類のジュースなど

 えっ、柑橘類といえばビタミンCが豊富だから、日焼けの防止に効果あるんじゃないの!?と思いますよね。
 もちろん、柑橘類はビタミンCが豊富に含まれているので、日焼け対策には良いのですが、摂取するタイミングがポイントなんです。

 これらの柑橘類にはソラレンという物質が含まれています。このソラレンが厄介で、 “光害性”という性質をもち、紫外線の吸収を促進してしまいます。要するに、日焼けしやすくしてしまうのです。
 ソラレンの効果は、摂取後2〜7時間続くので、朝出かける前に摂取すると、日中の日差しで日焼けしやすくなってしまいます。ですから、日焼けのしやすい時期は、夕方以降の摂取をオススメします。柑橘類はビタミンC豊富なので、食べる時間をずらしさえすれば、日焼け対策や、肌のダメージ回復にもなります。
 日焼けしたい方は柑橘類の摂取してからの日焼けをオススメします。

 日焼けのしやすい時期になりました。日焼けをしたくない方も、日焼けをしたい方もご参考にしていただけたらと思います。
 暑い日が続きますが、元気にお過ごしください。

日焼け対策に良い食べ物

日焼け対策には“うなぎ”を!

【特集】旬の夏野菜をご紹介

【特集】旬の夏野菜をご紹介