アジ好きは必見!脂の乗りが別格!幻の「倉澤の鯵」(静岡)

今の時期に是非食べておきたい魚と言ったら「鯵(アジ)」ではないでしょうか。地域によっても旬は異なりますが、初夏から夏(4〜8月)くらいが脂の乗りがよく、一般的に旬と言われています。
 今回は、その脂の乗った鯵の中でも、更に脂の乗りが良く、しかもほのかにエビの香りもするという幻の鯵「倉澤の鯵」をご紹介します。
 

「倉澤の鯵」はどこ出身?


「倉澤の鯵」は“桜エビ”や“シラス”などで有名な静岡県の由比(ゆい)漁港で獲れる、ブランド鯵です。倉澤という名前は獲れる場所が倉沢という地名だからのようです。
「倉澤の鯵」は以前から、由比では“とても美味しく、他の鯵とは別格!特別な鯵”として有名でした。しかし、一度にたくさん獲ることが難しく、地元でも貴重で、特別なルートを持っていないと仕入れることができないと言われるほど珍しく“幻の鯵”と呼ばれています。
でもなぜ、そんなにも幻と言われるのでしょうか?また、なぜそんなにも脂の乗りが良いのでしょうか?答えは、由比漁港のある駿河湾に秘密がありました。

「倉澤の鯵」はどのように育つの?


 「倉澤の鯵」は由比から沖合2kmほどの地点で、定置網漁によって漁獲されます。また、ここは変化に富んだ海域・地形なため特別な鯵を育てているようです。
 鯵は本来は“回遊魚”なので、暖かい海を好み、暖流に乗って日本周辺を泳ぎ回っています。ですから、長い距離を泳ぐので、全体的に細く脂も少ないのが特徴です。一方、回遊せず、日本沿岸の瀬や湾に定着し浅瀬に住み着く鯵もいます。これを“瀬付きの鯵”・“根付きの鯵”と言います。この“根付きの鯵”は泳ぎ回らず回遊しないので、体は丸みを帯び、脂の乗りもよくなります。由比周辺の海域も鯵が定着しやすい地形をしているので、“根付きの鯵”が育ちます。おそらく、もうお分かりでしょうが、この「倉澤の鯵」は駿河湾の由比に住み着く“根付きの鯵”ですので、脂の乗りが、他の鯵とは別格に育つのです。人間も動かないと、身体に脂肪がついていくのと同じですね。

「倉澤の鯵」は何を食べて育つの?


 「倉澤の鯵」の獲れる由比漁港では、“桜エビ”の漁獲量が日本一と言われています。この“桜エビ”は普段は駿河湾の水深の深いところに住んでいますが、餌のプランクトンを食べに水深の浅いところまで泳いできます。この“桜エビ”を「倉澤の鯵」は餌とします。これにより、とても旨味の強い、ほのかにエビの香りがする鯵となるのです。そして、この「倉澤の鯵」には、もっと極上の「倉澤の鯵」が存在するようです。それは…。
 “桜エビ”は餌のプランクトンを食べに、上がってきますが、食べ終わるとまた水深の深いところへ戻って行きます。その時です。まだまだ“桜エビ”を食べ足りない鯵が“桜エビ”を追いかけて、水深の深いところまで“桜エビ”と一緒に泳いで行きます。すると、そこには鯵の餌となる脂の乗った“鰯(イワシ)”が潜んでいるのです。欲張りな鯵は、この鰯も餌として育って行きます。すると、他の鯵よりも、丸々太った、脂のノリの良い極上の「倉澤の鯵」が誕生するのです。“桜エビ”と“鰯”を食べたなんとも贅沢な鯵ですね!

「倉澤の鯵」はどのくらい獲れるの?


由比で獲れる鯵は全てが“根付きの鯵”ではありません。7トンもの鯵を漁獲しても、その中に入っている「倉澤の鯵」は20匹と言ったレベル。10トン、20トンでもいないときはいないそうです。そのくらい、珍しい鯵なので“幻の鯵”と呼ばれています。
 やはり“幻”というだけあって、鯵は格別です。身の厚さは、鯵と思えないほど肉厚で、大きく太り、脂の乗り具合はマグロのトロのような味です。また、鯵特有の生臭さもほとんどありません。今まで食べたことのない、衝撃的な印象を受ける、この「倉澤の鯵」。食べて見たいですよね…。

「倉澤に鯵」の食べられるお店『銀太』(由比)

 やはり、漁獲量が少ないため、なかなか食べることが難しいようです。確実に食べるのであれば、由比漁港に近いお店に行けば出会えます。そこで、「倉澤の鯵」を提供してくださる人気のお店をご紹介します。

店舗概要

すし処 銀太
054-375-5000
〒421-3111 静岡県静岡市清水区由比今宿165 東海道線由比駅より徒歩2分

名物 鯵にぎり


8貫 3,000円

「鰹のたたき」と「鯵のたたき」の“たたき”って何?違いを知ってますか?

「刺身」と「お造り」の違いはどこにある?