逸品グルメ-IPPIN-

濃厚な味わい・色鮮やかな「奥久慈卵」とは!?

濃厚な味わい・色鮮やかな「奥久慈卵」

「奥久慈卵」とは

  「奥久慈卵」とは  茨城県奥久慈産の「奥久慈卵」(おくくじらん)。  ハリのある白身の真ん中に、色の濃い黄身がプリッと盛り上がり、コクがあり、味が良い。都内の一流寿司店やスイーツショップなど、美味しさに敏感な名店に多く選ばれています。  茨城県常陸大宮市の『ひたち農園』では、昔、農家の庭先で飼われていたニワトリが産んだ卵を今によみがえらせたい、という思いを原点に、奥久慈卵の生産をされています。  ニワトリにストレスを与えない環境づくり、事務所や工場内の立ち入りには制限を設けるなどの衛生面にも細心の注意をはらい、安心・こだわりの「奥久慈卵」はブランド力を高めています。  “ふるさとの卵”として生産される奥久慈卵の約65%は県外で消費されると言われ、“コクがあって臭みが少ない”、“味が濃厚で黄身が濃い”という特徴から、すき焼きや親子丼、スポンジーケーキ生地、卵かけご飯にと、様々な料理に活用されています。 <特徴> ・色鮮やかな黄身のごちそう卵 ・コクがあって、味が良い ・ニワトリにとって少ないストレス飼育 ・一流店に愛され続ける信頼の品質

「奥久慈卵」を使った料理

奥久慈卵を使用した東京しゃもの石焼親子丼

「奥久慈卵」のお取り扱い

こだわりの「奥久慈卵」の生産者 茨城県常陸大宮市『ひたち農園』
茨城県常陸大宮市『ひたち農園』