逸品グルメ-IPPIN-

想像を超える!和食鉄板『朔月』の絶品ダチョウ料理に舌鼓(銀座)

想像を超える!和食鉄板『朔月』の絶品ダチョウ料理に舌鼓(銀座) 銀座駅から145m、地下鉄銀座駅のC8番出口からはわずか徒歩1分という立地にあるお洒落なビル、銀座グランディア2。 その9階に店をかまえるのが和食鉄板『朔月』です。 石畳の廊下が続く店内はシックで品があり、バリアフリーなのでお席も広々と作られています。 料理長は鉄板料理の巨匠としてメディアに出演されるほど有名な方なので、見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな和食鉄板の店で「なぜダチョウ?」とお思いになられるかもしれません。 しかしそこには、料理長の型にとらわれない探求心と、徹底的な仕入れのこだわりがありました。 今回は朔月の『魅せるダチョウ』をご紹介致します。

海外セレブにも大人気!美味しくヘルシーな「ダチョウ」

海外セレブにも大人気!美味しくヘルシーな「ダチョウ」 ダチョウ肉は取り扱う店が極端に少なく、食べたことのない方がほとんどかと思います。 今、海外のセレブや美食家たちに密かなブームを巻き起こしているのがこの「ダチョウ」。 実はダチョウ肉は驚くほど低カロリーで高たんぱく、さらには鉄分やミネラルなどを豊富に含むスーパー食材なのです。 なんとそのカロリーは牛肉の半分以下、豚肉にいたっては三分の一程度にもかかわらず、同等のタンパク質量が含まれています。 さらにはダイエットサプリにもなっているL-カルチニンも摂ることができます。 このL-カルチニン、簡単にいうと脂肪を燃やす焼却場まで脂肪を運んでくれる役割を果たしてくれます。 運動量が多く筋肉質なアスリートタイプであるダチョウ。その効果には納得ですね。
【ダチョウの肉】オーストリッチ肉はエコヘルシーで美味!!

料理長が驚いたダチョウの美味しさ

料理長が驚いたダチョウの美味しさ 「ダチョウって癖があるんじゃない?」などと思われていませんか? 食べる機会の少ないダチョウ肉、実は想像以上に癖がなく、柔らかくジューシーで赤身らしい旨味がギュッと詰まったお肉です。 想像とことなる味わいに、料理長にお話を伺うと「自分も最初は半信半疑で試食をしてみたが、あまりの美味しさに驚き、すぐに店に出すことを決意した」と答えてくださいました。 また、牛や豚のように脂がしつこくなく、上品であっさりとしているのもダチョウ肉の特徴。 見た目も綺麗な赤で、思わず写真を撮ってしまうほどでした。

「国産」ダチョウ仕入れへの徹底的なこだわり

「国産」ダチョウ仕入れへの徹底的なこだわり みなさん、国産のダチョウ肉が存在することをご存知でしたか? 恥ずかしながら、私は朔月さんでダチョウ肉をいただくまで日本でダチョウ肉が生産されていることを知りませんでした。 朔月で使用されているダチョウ肉は全て国産ダチョウ肉。 しかも産地にもこだわりがあるらしく、国産の中でも埼玉のダチョウ肉は味もよく色合いも美しい逸品だと話されました。 その中でも特に違いが出るのはレバーとのこと。 確かに朔月でいただいたレバーは他の牛レバーなどと比べて臭みや独特の風味が少なく、他にはない「プリプリ」とした食感が楽しめます。

ダチョウ本来の味をいかす朔月の調理法

ダチョウ本来の味をいかす朔月の調理法 朔月でいただくダチョウ料理は、生またはあまり火を通しすぎない調理法が多いように感じました。 また、味つけもシンプルで、これは「本当に美味しいダチョウ肉」だからこそできることでしょう。 朔月ではダチョウ肉を堪能できるコースも用意しています。
  • ダチョウ肉味噌のスティックサラダ
  • ダチョウフィレ肉のタルタル
  • ダチョウ肉のセイロ蒸し
  • ダチョウフィレ肉のステーキ
  • ダチョウ肉入りガーリックライス
  • デザート
  • 9800円(税込) 2名様よりご提供。 3日前までのご予約をおねがいします。
ここまでダチョウ尽くしなコースは珍しいのではないでしょうか。 ずっとダチョウ肉では飽きてしまうのでは?と思われるかもしれませんが、ご安心を。 「朔月」は色々な調理法で、毎皿ごとに色んな顔のダチョウを楽しませてくれます。 これだけ食べてもヘルシーで健康的なんですから、ここ一番のデートや記念の夕食には最適ですね。 朔月の料理長に記事を見てくれている方にコメントをくださいと言ったところ、 「ダチョウをコースで食べることのできるお店は少ないと思います。高たんぱく低カロリーで美味しいダチョウ肉を、ぜひ一度お試しください」 と話してくださいました。 試したことのない方はその先入観を捨て、朔月でダチョウ肉に魅了されてみることをオススメします。

ダチョウのコースは要予約

ダチョウのお肉は鮮度と仕込みに時間がかかるため、完全予約でのご提供となっております。 今回ご紹介したダチョウのコースは3日前までにお電話にてご予約をおねがいします。 また、仕入れのタイミング等では、その他のコースにダチョウ料理を追加したり、単品でのご提供も可能な場合がございます。 こちらも予約の段階でご確認をおねがいします。 ご予約はお電話のみでご対応しております。 ぜひ一度、銀座「朔月」でダチョウのフルコースを堪能してみてください。

和食鉄板 銀座「朔月」の詳細はこちら

王道の鉄板と新鋭の「ダチョウ料理」が食べられる“和食鉄板『朔月(さくつき)』”(銀座)