逸品グルメ-IPPIN-

【ダチョウの肉】オーストリッチ肉はエコヘルシーで美味!!

【ダチョウの肉】オーストリッチ肉はエコヘルシーで美味!!

現在マクアケプロジェクトにて特別購入可能!

現在、逸品グルメが掲載されているクラウドファインディングの「マクアケ」にて、「ダチョウ肉セット」を支援と共のに購入することが可能です。 ぜひこの特別な機会に「ダチョウの肉」をお試しいただければと思います。 詳細はこちら オーストリッチというと思い浮かべるのは「バッグ」とかの装飾品でしょうか。 じつはヘルシーでエコなお肉であることをご存知でしょうか? もちろん「鶏肉」ですからヘルシーなのはご納得いただけるかと思うのですが そのほかにも実はこんなに美味しく、カラダにメリットがあるんです。

栄養が豊富で赤みのおいしさが際立つ「ダチョウ肉」

栄養が豊富で赤みのおいしさが際立つ「ダチョウ肉」 オーストリッチの肉は赤みの鶏肉です。あんなに速く走れるのですから運動量も豊富な はずです。ひきしまっていてヘルシー、脂肪が少ないアスリート肉なのです。 おまけにビタミンが豊富で低コレステロール。味もたんぱくながら癖がなく食べやすいのです。 「オーストリッチ肉」はヘルシーでダイエット中も大丈夫 カロリーは牛肉の半分、脂肪分は1/7しかありませんので女性にも人気なのがオーストリッチ肉です。脂肪燃焼に役立つカルニチンも豊富なのでダイエット食にも断然、おすすめです。

環境にやさしい「ダチョウの肉」ってどういうこと?

環境にやさしいオーストリッチ肉ってどういうこと? オーストリッチ肉が環境にやさしいってどういう事でしょうか? 実は、餌の少なさに着目してみたいと思います。オーストリッチはエサが 牛の約1/4、豚でいえば1/2で同じ量の肉を取ることができるのです。 穀類をさほど必要としませんので、穀物を育てるための水や土壌をほかの家畜よりも 少なくエサを与えながら育てることができるのです。

「ダチョウ肉」の部位と特性

ダチョウ肉の部位と特性 肉系の部位をまずはみていきましょう。 「もも肉」・・・ ダチョウの肉はフィレや桃などのスタンダード部位に加えて内蔵系の砂肝、 レバーなど捨てるところがないような特性があります。 一番特徴を感じやすいのは運動豊富な「もも肉」です。 新鮮なものなら、ダチョウ肉のタタキなどもおすすめなメニューです。 「フィレ肉」・・・ フィレ肉は繊維のきめ細かさが特徴のダチョウ肉。ステーキはもちろん、 焼いてローストチキン風にしても美味です。パーティなどにも喜ばれる一品です。 「ネック肉」・・・ 文字通り首の肉ですが、コラーゲンが豊富で女性におすすめです。 アンチエイジング効果もあるのでスープにいれて溶けだしたコラーゲンをたっぷり 取り込めばお肌の調子もバッチリです。

内蔵系も「ダチョウの肉」はおいしくヘルシー

「レバー」・・・癖がなく牛のレバーよりも食べやすいのが特徴。 白レバーという部分も食べやすく内蔵とは思えない味わいです。 「砂肝」・・・運動量豊富な砂肝は歯ごたえも抜群!カロリーも低いので 焼き鳥風にしても断然おいしく食べられます。

ダチョウ肉が食べられるお店

安全に「オーストリッチの肉」を提供するQueen’s Osrich(クイーンズ・オーストリッチ)

安全なダチョウ肉を提供する食肉卸のQueen’s Osrich(クイーンズ・オーストリッチ)は、品質や衛生面においても徹底した管理を行っています。 部位においても保健所のもと、衛生管理を完全に保った状態で加工しています。 また提携の牧場においては雛を仕入れて安全の餌を使い、食肉に適した肉質に育てているので美味しくヘルシーなダチョウ肉を提供できるというわけなのです。 有機栽培の餌を使ってのびのびした環境で走り回って育つダチョウの肉はストレスもなく 臭みもほとんどない状態でコンディションは抜群な肉を作り上げています。 これらの販売は株式会社 Noblesse Obligeが行っています。弊社はただ単に珍しい肉を提供するだけでなく、森林や農業被害対策、食糧環境問題の解決などを背景としたうえで ベストな食材や希少肉を解決手段に結びつける架け橋を目指しております。