逸品グルメ-IPPIN-

古代からの健康美容食ハチミツ!長野が誇る伝統食材「そば」の花蜜から集めた「がむてんそばハチミツ」はひと味もふた味違います

“がむ”しゃらに熱い思いで!“天”産物にこだわります!

天下統一を成し遂げた豊臣秀吉も実践していたというハチミツ健康法!
「疲労や体調の回復」「抗菌・殺菌効果」「免疫力UP」などにいいと言われるハチミツですが、
がむてん養蜂さんではいったどんなこだわりのハチミツを作っているのか?!

【購入はコチラ】
https://www.gamten.com/shop/

天然物のがむてんハチミツを作ってます

長野市は信州松代の「がむてん養蜂」さんは、信州の豊かな自然に囲まれた中規模の養蜂場です。
ミツバチの健康の為には何が必要か?と日々ミツバチと向き合いながら、安全な天然物の国産ハチミツを提供しています。

“天然物”の定義は養蜂の世界では、少しあいまいではありますが、がむてん養蜂さんでは

『採蜜期は砂糖水の給餌をしない』
ショ糖量が多く“ブドウ糖”と“果糖”に分解しきれず、砂糖由来の成分がハチミツに添加されるリスクが生じてしまう為。

『加熱処理を施さない』
水分を飛ばす、フィルターを通過しやすくするなどの理由で加熱するとせっかくの豊富な栄養が壊れる為。

『防腐剤などを巣箱に塗らない』
発がん性物質を含む可能性のあるクレオソートや、防腐剤を使った巣箱での成育は、ミツバチにとってもストレスや健康被害を生じさせると考える為。
このようなことに気を配り、日々ストレスをかけない丁寧なミツバチのケアから美味しい安定した品質のハチミツができるのです!

天然物のハチミツとは

ハチミツは人類が初めて触れたとされる甘味料で、歴史は4~5,000年前からともいわれてます。
現代では、“自然の甘さを求める”方や“健康意識の高い”方から人気のハチミツですが、日本では以下の5種類に分類されてます。

① 「はちみつ」
花の蜜をミツバチが採集し貯蔵した天然物

② 「精製はちみつ」
はちみつから臭いや色味を取り除いたもの。(加工に適しているが、ビタミン・ミネラルなどの天然成分も除去される)

③ 「加糖はちみつ」
はちみつに人工甘味料や水飴などを加えた、はちみつが60%以上のもの。(安価にかさ増しが可能な為、安く購入できるものも多い)

④ 「巣はちみつ」
新しい幼虫のいない巣房に、ミツバチによって蓄えられたはちみつで巣全体または一部を封入したもの。

⑤ 「巣はちみつ入りはちみつ」
はちみつに巣はちみつを加えたもの。

前章や次章でも触れますが、がむてん養蜂さんでは
・混ぜものなし
・加熱処理なし
・採蜜期は砂糖水の給餌をしない
・農薬の少ない蕎麦の花蜜を使う
・巣箱に防腐剤や発がん性物質が含まれるクレオソートを使用しない

といったような、まさに安心・安全な天然はちみつを生産していると胸を張って言えることでしょう!

給餌には砂糖水不使用が理想形ではありますが、花が咲かない時期もある為、今は叶いません。
それゆえ、がむてん養蜂さんでは、蜂の子巣枠とハチミツ巣枠の間を仕切り板で完全に分断し、そばハチミツ以外の成分がハチミツに混ざるのを防いでいます。(遠心分離機で蜂の子の体液と混ざるリスクがなくなります)

さらに、採蜜時期までにミツバチ自身で砂糖が完全に消化されるように分量とタイミングを完全にコントロールすることで、ハチミツに砂糖由来の成分が含まれるのを防いでいるのです。


こだわりのがむてんはちみつの特徴

がむてん養蜂さんのこだわりは、真の“天然物”であるという事以外に、蜜源にもこだわりを持っています!

一般的なハチミツのイメージは、「黄色くて甘い」といった人気ディズニーキャラクターの大好物のようなイメージかと思いますが、世界中でいろいろな花が咲くように、花蜜から作られるハチミツにも、風味や甘さに加えて、効能などが様々な種類が存在します。

がむてん養蜂さんでは、そんな一般イメージとは少し変わったこだわりの「そばハチミツ」を生産してます!

そばハチミツとは、白い花から採れる黒いハチミツで、その見慣れない見た目とそば畑の独特な香りを彷彿とさせるクセのある香りと味。
一般的なハチミツが砂糖なら、そばハチミツは黒糖やシナモンのような存在でしょうか?
個性的ながら一度ハマるとついついクセになってしまうと愛好家からは大評判のようです!

見た目の黒さはミネラルが豊富な証拠で、近年では健康志向の方を中心にジワジワと人気がではじめてます。
ミネラルの中でも、ルチン・カリウム・鉄分などの成分が多く含まれてるので、咳止め効果もあって喉にも良く、美肌と血液サラサラ効果で高血圧や動脈硬化にもいいと言われてます。

それに加えて、元来“そば”は他の農産物に比べて害虫が少なく、農薬を使用しない農家も多いので残留農薬のリスクが少ないのも特徴です。

【がむてん そばハチミツの購入はコチラ】

こだわりのがむてんミツバチ(巣箱)の特徴

がむてん養蜂さんでは、養蜂家や趣味で採蜜したい(蜂を繁殖させたい)方と、園芸農家で使う受粉交配用の2種類のミツバチ入り巣箱を販売してます。
これまでの経験から、ミツバチ入り巣箱の値段は、どれだけ丁寧に育てて、どれだけこまめに管理してきたかで決まるのではないか?と感じられてます。

価格の安いミツバチ(巣箱)は、蜂の選別を行わない場合も多く、利用目的にマッチしないリスクも生じ、逆に価格の高いミツバチ(巣箱)は毎日の健康管理とストレスを与えない豊かな環境で大切に育てられ、蜂の性質や用途をしっかりと考えて選別ているのでは?と経験で学んだとのことです。

がむてん養蜂さんでは、環境変化にも強く、巣を捨てることも少ないことから安定的に採蜜が可能と言われているセイヨウミツバチのみを取り扱っております。
セイヨウミツバチの中でも、その年の春に生まれたばかりの若さあふれる女王蜂群から増勢著しい優良群を厳選していて、同時に種蜂群(採蜜用)・交配群(受粉用)・その他の群と蜂の性質による選別も行っております。

美味しいそばハチミツ料理

そばハチミツは、甘さの中にほんのりとした苦味を感じる大人の味です。
濃厚でコクがあり、スパイスの効いた肉料理や、濃い味付けの煮込み料理の隠し味としてよく使われるそうです。

がむてん養蜂さんのオススメ料理は「カレー」「地中海系料理」の料理と「バニラ」「プリン」などのカラメルが合うお菓子だそうです。
筆者は個人的に、黒酢を使った料理や、寒天にしたりコーヒー系の凝ったドリンクにもピッタリと思いました!

これからは、その他にも公式WEBサイトのオススメレシピでもご紹介する予定とのことです!

乳児と蕎麦アレルギーには注意

健康で甘くて美味しく、世界中で愛されているハチミツにも注意しなければいけないことがあります。 『生後1歳未満の乳児には与えてはいけない』ということです。
与えると乳児ボツリヌス症を発症するリスクが生じるからです。

生後まもない乳児には腸内環境が整っていない為、ボツリヌス菌が増殖して毒素を増やしてしまうリスクが大きいのです。
加熱調理では完全になくすことができない場合があるため、そばハチミツに限らずハチミツが含まれているものは与えないことが大切というわけです。

また、蕎麦アレルギーの方も要注意です。
そばハチミツにはそばの花粉が含まれており、そばアレルギーの人が摂取した場合、アレルギー反応が起こるリスクがないとは言えないとのことです。

これらの用法を守って正しく摂取してくださいね。

購入はこちら

今回取材をさせていただいた『こだわりの逸品』をご提供しているがむてん養蜂さん。
柔和で少し照れ屋な人柄とハチミツに対する熱い想いが印象的でした。
そんなこだわりのそばハチミツの購入はコチラから!

【通販ページ】
https://www.gamten.com/shop/
【公式WEBサイト】
https://www.gamten.com

レシピ紹介などのコンテンツもチェックしてくださいね♪

がむてん養蜂さんの“がむ”と“てん”