逸品グルメ-IPPIN-

滋賀県のご当地食材「赤こんにゃく」の謎に迫る!



滋賀県のご当地食材のひとつである「赤こんにゃく」をご存知でしょうか?
一体どんな理由で赤こんにゃくが生まれたのか、発祥地や赤く染められた理由についてご紹介します。

「赤こんにゃく」とは?


滋賀県民にとって馴染みの深い「赤こんにゃく」。

滋賀県では、一般的なこんにゃくと同様にスーパーでも板状や糸状の「赤こんにゃく」が売り場に並んでいます。こんにゃくの色は主に白色や黒色が一般的ですが、滋賀県民に親しまれている「赤こんにゃく」はその名の通り、まるでレバーのような赤色の見た目が特徴的です。

「赤こんにゃく」の発祥地は近江八幡市


別名を八幡こんにゃくと呼ぶことからも分かる通り、「赤こんにゃく」の発祥地は滋賀県近江八幡市だと言われています。

近江八幡市は織田信長が安土城を築いた地であり、水郷の町としても知られています。中心部にある八幡堀では、船に乗って歴史のある街並みを巡ることも出来ます。
その近江八幡市で、「赤こんにゃく」は給食にも取り入られるなど、地元民に最も親しまれている食材の一つです。また、鮮やかな赤色の見た目から、冠婚葬祭のいずれにも欠かせない食材となっています。長きに渡り、赤こんにゃくは近江八幡市の名産品であり、現在でも近江八幡市の城下町に店舗を構える老舗があります。

「赤こんにゃく」はなぜ赤いのか


赤色に染まった外見が特徴的な「赤こんにゃく」ですが、何故赤いのでしょうか?

唐辛子が入っているのではないか、と予想される方もいると思いますが、そうではありません。
「赤こんにゃく」は“三二酸化鉄”と呼ばれる食品添加物で着色されているのです。食品添加物と言っても体に悪い影響はなく、むしろ「赤こんにゃく」は一般的なこんにゃくと比べても栄養価が高いと言われています。
何故なら、特に三二酸化鉄には鉄分が多く含まれているからです。そのため、貧血に効くとされているだけでなく、食物繊維やカルシウムを多く含んでいる「赤こんにゃく」はヘルシー食材としても注目されています。

赤こんにゃくと織田信長の関わり


何故こんにゃくを赤く染めることになったのか。

「赤こんにゃく」が赤い理由は現在でもはっきりは分かっておらず、諸説あるようです。その中でも、特に有力だと言われているのが「織田信長説」。
戦国大名の織田信長と「赤こんにゃく」には深い関わりがあると考えられています。派手好きとされる織田信長は赤色を特に好んでいたそうで、こんにゃくも赤く染めるように命じたとも言われているそうです。

また、信長が関係していると考えられるもう一つの理由として、“左義長祭り”が挙げられます。左義長祭りとは、近江八幡市にある日牟禮八幡宮で今でも行われている火祭りのことで、信長は当時、赤色の長襦袢を身に纏って踊ったと伝えられています。信長の身に付けた長襦袢や、この祭りには赤色を中心とした飾りがつけられていたことも、赤こんにゃくが生まれた背景にあると言われています。

他にも、近江八幡市を発祥地の一つとする“近江商人”が他の商品と差別化を図るために戦略として赤く着色としたという説も存在しています。残念ながら「赤こんにゃく」が赤く染められた由来を証明する文献や資料は残っていないようですが、信長の築き上げた城下町との関わりは深いと言えるでしょう。

赤こんにゃくのお味は?


インパクトのある外見から、初めて見る方は驚くことが多い「赤こんにゃく」ですが、味は至って普通。

辛いのでは?と思われる方もいらしゃるかもしれませんが、前述の通り唐辛子ではなく着色料で染まっているため、全く辛みはありません。
お子さまでも安心して召し上がって頂けます(物により唐辛子を含む商品もあります)。ただし、食感は一般的なこんにゃくとはやや異なっており、表面は滑らかなツルッとした舌触りで、弾力のある歯ごたえが特徴的と言えるでしょう。なかには刺身で食べられるものもあり、酢味噌との相性は抜群。

板こんにゃくは、きんぴらや煮物に最適である上、糸こんにゃくはすき焼きに入れるなど、食べ方のレパートリーは非常に豊富です。

東京近郊で「赤こんにゃく」が味わえるお店


赤こんにゃくを食べてみたいけれど滋賀まで行くのは難しい……という方におすすめなのがこちらのお店です。

東京都渋谷区にある『近江や Wabisuke』

(『近江や Wabisuke』HPhttps://wbsk.jp/report/akakonnyaku.html
赤こんにゃくを使った「赤こんにゃくの田楽」、「赤こんにゃくのレバ刺し風」といった2種類のメニューを味わえます。
「赤こんにゃく」の他にも、滋賀名物である近江牛、酒のツマミに最適な「鮒寿司」や滋賀県長浜市の郷土料理である「焼鯖そうめん」も召し上がって頂くことが出来ます。
東京近郊にお住いの方や東京に用事がある際には、是非一度ご賞味頂いてみてはいかがでしょうか。

通販でも手軽に購入できる「赤こんにゃく」


近江八幡市に店舗を構える『乃利松食品吉井商店』は明治24年創業の老舗。

こちらのHP http://www.norimatu.com/index.html
からベーシックな板状の「赤こんにゃく」や糸こんにゃく、味付け赤こんにゃくなども購入することも出来ます。
是非チェックしてみてください。