逸品グルメ-IPPIN-

健康・安全・安心を追求!柔らかい食感が人気の『桃豚』

世の中にはいろいろなブランド肉がありますが、“秋田県のブランド豚”というものは聞いたことがないと思います。 こちらでは、秋田県民にはおなじみでギフトにもおすすめの『桃豚』とその限定生産品である『秋田美豚』について紹介します。 豚肉の脂っこさやにおいを理由に豚肉を敬遠されている方にもぜひ知ってほしいお肉です。

十和田湖と小坂町について

秋田ではよくCMが流れる『桃豚』が育っているのは秋田県の小坂町です。小坂町は青森県十和田市の隣にあり、ちょうど小坂町と十和田市で観光地として有名な十和田湖を囲んでいる形です。 小坂町は広大な自然に囲まれた山の多い地域で、一時期は鉱山も栄えていました。かつての繁栄を表す明治百年通りや日本初の芝居小屋である康楽館も有名です。 ちなみに、十和田湖はその立地から秋田と青森両方の特産物を買うことができるちょっと面白い特徴があります。

桃豚の特徴

さて、小坂町の名産である『桃豚』にはどんな特徴があるのでしょうか。その最たるものは“健康的”です。『桃豚』は豚特有の病気を持たないSPF豚であるため少ない抗生物質で育ちます。さらに、自然浄化作用を活かしたミネラルが豊富な生物活性水を与えることで腸内環境を整えています。 また、肉付きが良く美味しい豚を育てるために精神的なストレスの軽減にも取り組んでいます。このような努力のおかげで食味が自然で優しい味わいになります。 秋田県の名産といえば何といっても“お米”ですね。『桃豚』も美味しい秋田のお米を30%配合した資料を食べて育っています。お米を食べた豚は米由来の脂質を身に着けることで、豚特有のにおいが抑えられ、あっさりとした味わいと柔らかい食感を出すことができます。肉に“甘味”を感じられるのも『桃豚』の特徴です。

秋田美豚とのちがい

『桃豚』は比較的簡単に手に入りますが、限定生産である『秋田美豚』(写真:上)は秋田県民でも見る機会が少ないです。こちらは『桃豚』と同じように健康やストレスに配慮された環境で育っているのは当たり前、さらに徹底的な管理のもと抗生物質や抗菌剤は一切使われていません。飼料も『桃豚』に与えているものの3倍になる米と麦を配合しています。 『秋田美豚』『桃豚』よりも脂身が多くコクが感じられます、しかし、くせはなくあっさりと食べられる点は『桃豚』と一緒です。網状のサシが入っている点も特徴です。 秋田県産の豚である『桃豚』は、あの黒豚を越えるものを作ろうという意味を込めて名付けられたブランドで、『秋田美豚』は全国銘柄食肉コンテストで優良賞を受賞しています。 全国的な知名度はまだまだですが、“秋田といえば豚肉”と呼ばれる日が来るといいですね。