夏茄子と秋茄子の違いは!?おいしい食べ方大公開!

夏から秋にかけて旬を迎える『茄子』。”夏茄子”や”秋茄子”と言ったりしますが、その違いを知っていますか?
今回は”夏茄子”と”秋茄子”の違いや、おいしい食べ方を紹介します。

『茄子』とは

夏から秋にかけて旬を迎えるインド原産の野菜で、日本では奈良時代ごろから栽培されていると言われています。現在では高知県を筆頭に全国で栽培されているので、比較的手に入りやすい野菜のひとつです。たくさんの品種があり、よく目にするものに、卵型のものや”長茄子”と呼ばれるものがあります。淡白な味わいで、クセがなく、どんな料理にも使える万能食材です。
茄子の皮には”ナスニン”と呼ばれるポリフェノールの一種が含まれており、強い抗酸化作用があります。抗酸化作用は老化やガンの予防だったり、生活習慣が原因で起きる糖尿病や動脈硬化の予防に役立ちます。 また、水分を多く含み食物繊維も豊富なので、腸内環境の改善にも効果的です。

夏茄子と秋茄子の違い

収穫時期によって呼び方が違います。6月頃から収穫されたものを”夏茄子”、9月以降に収穫されたものを”秋茄子”と言います。
”夏茄子”は暑い時期に成長するので、強い日光を浴びて、皮が厚く実の詰まった食べ応えのある茄子になります。それに比べ、”秋茄子”は昼夜の気温差と穏やかな日光の中で育つので、皮が柔らかく水分を多く含んだ茄子になります。こういった環境で育った秋茄子の方が甘みや旨みが強いと言われています。

夏茄子のおいしい食べ方

皮が厚く実の詰まった”夏茄子”は、食べ応えがあり煮崩れしにくいので、煮物やスープの具材にするのがおすすめです。大きめに切ってズッキーニやトマトなどの夏野菜と一緒に煮るラタトゥイユや、一口大に切ってトマトと合わせてパスタのソースにするのがおすすめです。また、麻婆茄子は夏茄子で作ると水っぽくならずに仕上がります。暑い時期には味噌汁の具にしたり漬物にすると、塩分やカリウムなどを一緒に効率よく摂ることができ、夏バテ対策にも効果的です。

秋茄子のおいしい食べ方

”夏茄子”に比べて、柔らかく甘みや旨みが強くなる”秋茄子”は、素材をまるごと活かした調理がおすすめです。焼きなす天ぷら揚げ浸しにすると、秋茄子のおいしさを充分に味わうことができます。水分が多く、すぐに火が通りやすいので、さっと炒める料理には秋茄子がおすすめです。味噌炒めや、カレー炒めなど、秋茄子を使えば短時間で調理できるようになります。また、電子レンジでの調理も、秋茄子を使うことですぐに加熱ができるので、時短にもなります。生姜やにんにくと合わせて調理すると、季節の変わり目の疲れやすい時期をおいしく乗り越えられます。

茄子の選び方と保存方法

スーパーなどで『茄子』を選ぶ際のポイントは、表面がつやつやしていて色が濃く皮にハリがあるもの、ヘタの切り口が新しくトゲがピンと立っているもの、ずっしりと重みがあるものを選ぶことです。シワが寄っていたり、ヘタの部分が枯れているようだったり、軽いものだと、収穫から時間が経って鮮度が落ちたものが多くなります。良い状態のものを選ぶ参考にしてみてください。
『茄子』は水分が多いので、乾燥に気をつけて保存しましょう。ひとつずつラップや新聞紙に包み、袋に入れて冷蔵庫で保存すると長持ちします。また切ってしまったものは、すぐに使い切るか、冷凍用袋に入れて冷凍しておくと良いでしょう。茄子のもつ成分によって茶褐色に変色することがありますが、問題なく食べることができます。

夏茄子と秋茄子の違いを知っておいしい食卓を!

”夏茄子”と”秋茄子”の違いと、おいしい食べ方を紹介しました。様々な料理に使える万能食材茄子は、スーパーなどで手に入りやすくなるこの時期、なくてはならない存在です。おすすめの調理方法や選び方・保存方法を参考にして、日々の生活に取り入れてみてください。

【特集】旬の夏野菜をご紹介!

【特集】旬の夏野菜をご紹介