夏バテ防止に有効なお茶!お茶で夏バテ対策!

暑い夏の季節に気をつけなければならないのが夏バテです。夏の暑さで、体力気力ともに落ち込んでしまい、何もする気が起きないばかりか、体調を崩してしまうことがよくあります。そんな夏バテ対策に有効だと言われているのがお茶です。

今回は、夏バテに効くお茶についてまとめていきたいと思います。

夏バテとは?夏バテとはどんな症状?


夏バテとは、夏の暑さで体がぐったりとしてしまい、食欲減退、体のだるさ、発熱等の症状が出て、文字通りばててしまうことです。それでは、暑いだけで、なぜそのような症状が出るのでしょうか。夏バテのメカニズムについて解説します。

なぜ夏バテになるのか?

人間は、夏の暑さで体温が上がりすぎるのを防ぐため、体温を下げるために多大なエネルギーを使います。そのエネルギーにより、体には相当な負担がかかっています。そんな暑さが毎日続くと、どんどん体力は奪われていき、その負担に耐えられなくなったときに夏バテとなって体に異変が起こるのです。

夏バテの原因は暑さなのですが、具体的には水分不足、自律神経の異変、胃腸の不調が夏バテの直接の原因として上げられます。体温を下げるには汗をかく必要がありますが、水分が不足すれば、発汗できません。また、発汗は自律神経により調節されますので、自律神経が疲れてくるとうまく体温調節ができなくなります。

さらに、体温が高くなると胃腸への血流が悪くなり、胃腸の調子が崩れて、体調が悪くなるのです。

夏バテ対策に必要なこと!


夏バテには、水分補給が必須です。水分補給をしなければ夏バテ対策はできないと言っても過言ではありません。しかし、ただ水を飲めば、それだけで夏バテにならないかというとそれほど単純な物ではありません。

毎日、うだるような暑さでしんどいからといって、冷たい飲み物や食べ物ばかりをとっていれば、逆に夏バテの原因となりかねません。冷たい飲み物や食べ物で、栄養が足りなくなってしまっては元も子もないのです。

夏バテは、体温調節にエネルギーを使いすぎて、体がばててしまっている状態です。そのため、しっかりと栄養を摂取しないと、夏バテを加速させることにもなりかねません。そうはいっても、なかなか食欲が湧かないのも事実ですので、そんな時にはお茶を飲むことをおすすめします。

お茶であれば、水分ですので摂取しやすいですし、栄養もそれなりにあります。お茶にはいろいろな種類があり、薬草や野菜系のお茶もありますので、お茶を飲むことで、夏バテ対策の一環とすることができるのです。

夏バテに効果的なお茶!夏バテ対策に飲むべきお茶!

夏バテ対策に有効なお茶はいろいろとあります。どんなお茶でも本物のお茶であれば、それなりに効果的ではありますが、その中でも、特に夏バテに効果的でおすすめのお茶を紹介していきます。

【夏バテ対策のお茶①そば茶】

そば茶は、その名の通りそばの実から作ったお茶です。そば茶にはポリフェノールやルチンが豊富に含まれていて、免疫力を高めて血行促進の効果があります。

また、そば茶の中でも韃靼そば茶というのが、特にルチンが豊富に含まれていますので、より夏バテ対策には有効です。

【夏バテ対策のお茶②びわ茶】

びわ茶はびわの葉から作ったお茶です。抗酸化作用が強いと言われるびわ茶ですが、サポニンにより血行改善や解熱作用があると言われます。また、クエン酸により疲労回復効果も期待できます。

【夏バテ対策のお茶③ドクダミ茶】

ドクダミ茶は、体内の毒や老廃物を排出してくれると昔から言われ、夏バテ対策としては有名なお茶です。ドクダミ茶という名前からしても、毒素を排出してくれそうですよね。スーパーでも売っていますので、手に入りやすく便利です。ぬるめで飲むのがいっそう効果的ですが、飲み過ぎると下痢になることがありますので、一日一杯くらいを毎日飲み続けるといいでしょう。

夏バテ対策には継続と休養が大切!

夏バテ対策にお茶が有効だと言うことはわかってもらえたかと思いますが、一回飲んだくらいでは効果は目に見えません。毎日継続して、続けることが夏バテ対策には有効ですし、充分な睡眠など休養も当然大切です。また、お茶だけ飲んで、ちゃんと食事をしなければ何の意味もありません。夏バテ対策には、お茶で水分補給をして、栄養のある食事をとり、しっかりと休養をとることを心がけてください。

体調がよければ、思う存分夏を楽しめますし、楽しむことで精神的にも夏バテに打ち勝つ体を作れます。ぜひ、いろいろなお茶を試してみて、ご自分にあうお茶を見つけてください。

夏バテ対策には、こちらもどうぞ