王道の鉄板と新鋭の「ダチョウ料理」が食べられる“和食鉄板『朔月(さくつき)』”(銀座)

 店舗概要

 

和食鉄板「朔月」
03-5579-9588
〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-14 銀座グランディアⅡ 9F

Googleマップ

 

銀座3丁目並木通の本格鉄板料理店

和食の道30年の料理長による和のコース仕立ての鉄板焼。
旨味を引き出した厳選山形牛と季節の逸品をお召し上がり下さい。

 

 ここで食べられる『逸品料理』

 

※ダチョウ料理はご予約をお願いします。

想像を超える!和食鉄板『朔月』の絶品ダチョウ料理に舌鼓(銀座)

魚介と山形牛も最高!野菜も美味しい朔月

逸品認定料理の『ダチョウ肉の料理』以外にも新鮮な魚介類、山形牛を使った鉄板料理が魅力。

 

ここまで朔月のダチョウ肉についてお話ししてきましたが、朔月の魅力はそれだけにとどまりません。
冒頭でもお伝えしましたが、朔月は鉄板料理の巨匠が腕を振るう和食鉄板の名店。
料理長の徹底的な仕入れへのこだわりと、口に入る直前までなされる「巨匠」の仕事を僅かではございますが紹介させていただきます。

全国の牛肉を食べ、たどりついた「山形牛」

全国の牛肉を食べ、たどりついた「山形牛」

朔月がメインで扱っている山形牛は、山形県米沢市から直接仕入れされたものを使用しています。
全国の牛肉を試食し、その中で見つけた逸品である「山形牛」。
その中でもA5ランクのものだけを選りすぐり、専用の冷蔵庫でお肉をなんと1か月以上熟成。
その熟成された山形牛に「巨匠」と呼ばれる料理長が丁寧な仕事をし、一番美味しい部分のみがお客様に提供されるそうです。
実際にお店でお肉をいただく際には、専用のケースに入ったお肉を目の前で見て、どのお肉がいいか選んでから調理してもらうことができました。
「山形牛」だからといって、個体によっては質が朔月のレベルに合わないものもあるそうです。
そのような場合には、あえて山形牛を出さず、全国から朔月のレベルに合うA5の牛肉を探し出すという徹底的なこだわりを見せてくれます。
お肉は部位ごとに「山形牛サーロイン・フィレのステーキ」や「山形牛握り寿司」、「熟成山形牛のハンバーグステーキ」など、コースでも単品でも選ぶことができました。

毎日届く種類豊富な旬の魚介類

毎日届く種類豊富な旬の魚介類
魚介類は旬のものが毎日仕入れられ、新鮮な鮮魚を楽しませてくれます。
朔月の店内には水槽が設置されており、そこからアワビや車海老を獲れたてで調理してくれます。
それらを使った「活鮑バター焼」や「活車海老鉄板焼」はもちろん、「近海生本マグロ」など、お造りから焼き・揚げ物まで、他に類を見ないほど豊富な種類を扱われていました。
ミシュランの三ツ星レストランが仕入れている魚屋さんと同じ店から魚介類を銀座に直送してもらうこともあるらしく、質・鮮度ともに業界トップレベルであることは間違いありません。

こだわりの有機栽培野菜を使用

こだわりの有機栽培野菜を使用
朔月のこだわりはひとつひとつの野菜にまで及びます。
朔月では契約農家直送のものを使用されており、無農薬のお野菜をいただくことができます。
野菜そのものの美味しさ味わえるスティックサラダや、旬の焼き野菜の盛り合わせなど、瑞々しい野菜を存分に楽しむことができます。
最近野菜が不足がちな方にもぜひオススメしたいお店といえるでしょう。

 

店名 和食鉄板 銀座「朔月」
ジャンル 鉄板料理
電話番号 03-5579-9588
最寄り駅 銀座駅 C8番出口 徒歩1分
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-14 銀座グランディアⅡ 9F
定休日/営業時間 月~土ランチ 11:30~15:00
 ※月~金はコースのみ予約可。ディナー 17:00~23:00
予算 ランチ     1200円
ディナー 10,000円〜12,000円
HP http://www.sakutsuki.net/