美味しくダイエット!スーパーヘルシーフード『こんにゃく』の秘密

おでんで日本人にはお馴染みのこんにゃく。こんにゃくは、“美味しいダイエット”を叶えてくれるスーパーヘルシーフードであることをご存知ですか?

こんにゃくの歴史、産地、収穫時期やその特徴、自宅でできるこんにゃく料理、美味しいこんにゃく料理が食べられるおすすめのお店など、スーパーヘルシー食材こんにゃくの秘密をご紹介します。

1.こんにゃくはどこで作られる?こんにゃくの産地はここ!

日本のこんにゃくの生産は、北関東で占められています。なんと、日本のコンニャクイモの生産量のうち、89.5%が群馬県、4.1%が栃木県、1.7%が茨木県です。

こんにゃくの歴史は古く、6世紀の仏教伝来とともに中国から伝わったといわれています。その後コンニャクイモは種イモが紀州から関東に伝わりました。特に、日当たりの悪い山間の土壌、からっ風、きれいな水源といったこんにゃく作りに最適な環境が揃っていた群馬県では、こんにゃくの生産が盛んになったといわれています。

今では輸入元である中国と日本のこんにゃくはかなり異なるものとなっています。現在、中国料理ではこんにゃくは多様されておらず、雲南や四川の一部で食べられているこんにゃくは豆腐のような食感の食材だといわれています。つまり、あのぷりんとした歯ごたえのある食感を楽しめるこんにゃくは日本オリジナルなのです。世界でもダイエット食材として注目のこんにゃくは、群馬県を中心とした北関東発祥といえるでしょう。

2.意外と知らない?こんにゃくの収穫時期と製法


群馬県甘楽郡の下仁田に行くと、一面のこんにゃく畑が広がっています。広々とした畑で行われるこんにゃく芋の収穫時期は、10月から11月にかけてです。収穫されるこんにゃく芋は、すべて植えてから3年以内のもの。4年以上作付けされてしまうと、ところどころ紫がかったエビ茶色の変わった形の花が咲きます。この花が咲いてしまうと、芋に臭みが出てしまい、食品として使いにくくなってしまうといわれています。ほとんど無味に近いこんにゃくは、こんにゃく農家の人々の知恵なのです。

10月から11月にかけて収穫されたこんにゃく芋は、完全に乾燥させてから粉状にし、出来た粉をお湯にといて石灰水を加えることで凝固させます。こうして独自の食感を楽しめるこんにゃくが出来上がります。
白滝は、こんにゃくと同様の製造過程を経て、最後にところてん方式で押し出すことで麺状になります。“糸こんにゃく”ともいわれる白滝は、形の違うこんにゃくといえます。

3.こんにゃくはこんなにすごい!スーパーヘルシーフードこんにゃくの3つの特徴


こんにゃくがスーパーヘルシー食材といえる秘密を徹底解剖します。

①低カロリー

ダイエット食材としても知られるこんにゃく。なんといってもその特徴は、低カロリーです。

普通市販されている300グラムのこんにゃくは、一枚で21キロカロリー程度です。
同じくヘルシー食材としてあげられるもやしは同グラムで約42キロカロリー、豆腐は170キロカロリーですから、比較しても断トツの低カロリー食材であることがわかります。
カロリーと関係のなさそうなおでんにつけるからしや刺身こんにゃくにつける酢味噌のほうがこんにゃくよりカロリーが高いほど。こんにゃくは驚くべき低カロリー食材なのです。

こうした低カロリーがヘルシー志向を目指す欧米でうけ、最近では健康食として白滝がパスタの代わりに用いられたり、サラダに使われたりしています。
また、お腹いっぱい美味しく食べても太りにくいと話題なのがごはんに混ぜ込む「こんにゃく米」。混ぜ込む割合次第で、いくらでもカロリーを落とすことができます。普通に混ぜた場合でも、同じ1杯分の白米ごはんにくらべ、36%くらいカロリーが落ちるそうです。

②整腸効果

こんにゃくがスーパーヘルシー食材であり、ダイエットに向いている秘密は、単に低カロリーであることに限りません。こんにゃくのすごさは、その整腸作用にあります。

出来上がったこんにゃくは95%以上が水分で、残りがグルコマンナンという多糖体で構成されます。グルコマナンは胃や小腸では全く消化されず、大腸の中で初めて腸内細菌の働きで分解されます。大腸内の有用細菌を養って整腸効果を高めると同時に、その繊維質が大腸内の老廃物を吸収して排泄してくれます。

一部の地方で言われている「こんにゃくでおなかの砂を払う」という表現は、こんにゃくのこの整腸作用に由来しています。この効果は医療が発達していなかった時代から知られており、こんにゃくはお寺の精進料理の材料になるとともに、薬用食品としても珍重されていました。

③家庭的な価格&味

こんにゃくは家庭的な価格と家庭で扱いやすい味でもスーパーヘルシー食材といえます。平均して一袋120円前後の価格で、満腹感を味わえます。わたしたちは噛むことで満腹中枢が刺激され、お腹が満たされることを感じるため、こんにゃくのしっかりした歯ごたえはダイエット中の人にはおススメなのです。さらにシンプルな味のため、さまざまな食材と合わせることが可能です。月に何万もするダイエット食品やサプリはたくさんありますが、家庭的な価格と扱いやすい味のため、こんにゃくは“美味しいダイエット”を長く続けられるスーパーヘルシー食材なのです。

4.家庭で楽しもう!こんにゃく料理


価格もお手頃で、いたずらにカロリーを増やすことなく、メインの食事やおかずのボリュームを増やすことができるこんにゃくを家庭で存分に楽しみましょう。

これから初夏に向かってのおすすめは、チョップドサラダです。チョップドサラダとは、具材をすべて「チョップする=叩くように切る」サラダのこと。好みの野菜とドレッシングを用意したら、好きなだけ賽の目切りにしたこんにゃく、あるいは白滝を加えます。ヘルシーなサラダがよりヘルシーに大変身。お腹いっぱい美味しく食べられるレシピです。

こんにゃくステーキのように、1枚の板こんにゃくをそのままメインとして食べる食べ方もできます。こんにゃくステーキを作る時には、「氷こんにゃく」を使いましょう。「氷こんにゃく」とは、こんにゃくをジップロックに入れて冷凍庫で凍らせたこんにゃく。これをお湯か自然解凍した後、キッチンペーパーで水気をきちんと切り、焼き上げます。歯ごたえが増し、メイン料理としての満足感が味わえると人気です。

お酒の肴には、きんぴらゴボウやこんにゃくの甘辛煮など、少しピリ辛に味付けたこんにゃく料理がおススメです。

いすれにしても、シンプルな味のこんにゃくの家庭料理のポイントは、味を染み込ませること。
山形のこんにゃく専門店「楢下宿丹野こんにゃく」の二代目丹野益夫さんの「こんにゃく脱水法」はテレビ番組でも紹介され話題になりました。こんにゃくと砂糖を料理前にポリ袋に入れて揉むことで、こんにゃくの水分が砂糖に吸収され、その後調理したこんにゃくの中まで味が染みるとのことです。ぜひ家庭でお試しあれ。

5.ここがおススメ!こんにゃくのお店ベスト3

①「こんにゃくパーク」のバイキング


こんにゃくを美味しく楽しめておすすめなのが「こんにゃくパーク」で楽しめるバイキングです。ここのこんにゃくのバイキングは、なんと無料。バイキングでは、こんにゃくの様々なアレンジ料理やデザートを楽しめます。
「こんにゃくパーク」では、その他館内でこんにゃくの製造工程の見学や、こんにゃく作りの体験ができます。

②「常盤館」のこんにゃく尽くし


もう少し落ち着いてこんにゃく料理を楽しんでみたいという方には、「常盤館」がおすすめです。「常盤館」は、木材、繭、こんにゃくなどの取次で下仁田を往来する商人たちの宿として大正元年に創業された老舗旅館。画家・竹久夢二のお気に入りの宿としても有名です。

こんにゃくつくしのメニューを挙げてみますと、次のようなものが楽しめます。
*刺身
*みそ田楽
*酒盗和え
*白和え
*そうめん
*いりとり(鶏もも肉とともに、照り焼きにしたこんにゃく)

③「丹野こんにゃく番所」のこんにゃく懐石


山形県へ出かけた時にはぜひ試していただきたいのが、「丹野こんにゃく番所」のこんにゃく懐石です。

メニューは次のようなものが楽しめます。
*黒豆こんにゃく
*牛肉巻きこんにゃく
*アワビ見立てこんにゃく
*さらし鯨こんにゃく
*こんにゃく秋月蒸し
*水雲こんにゃく
*こんにゃくそうめん雪
*こんにゃく蕎麦、こんにゃく粥

6.まとめ


スーパーヘルシー食材であるこんにゃくの秘密をお楽しみいただけましたでしょうか。“美味しいダイエット”を叶えてくれるこんにゃく、誇るべきメイド・イン・ジャパン食材のこんにゃく、様々なメニューを楽しめるこんにゃく・・・こんにゃくの世界はまだまだ奥深いものです。家庭料理で楽しみ、こんにゃく専門店で新しい発見を体感してください!