逸品グルメ-IPPIN-

「西川農藝」の安心安全な『植物油』自家農園で自然栽培の原料を低温圧搾生搾り!

「西川農藝」の安心安全な『植物油』自家農園で自然栽培の原料を低温圧搾生搾り!
ひと昔前は、“油”は肥満や糖尿病など生活習慣病の原因で諸悪の根源のように言われていましたが、最近では人間の体にとって必要で大事な要素だと言われるようになり、良質な油は健康にもダイエットにも良いなどとメディアでも取り上げられることが多くなっています。

特に植物由来の油は、どの植物の油が体に良い悪いといった話から、油に含まれるどの栄養素がどのような働きをするのかなど、油の持つ機能性にも注目されています。
そして今、本当に体に良い油とは何か?どのように選べばいいのか?に関心が集まっています。

体にとって悪い油とは?

体にとって悪い油とは

よく挙げられる「トランス脂肪酸」とは!?

体にとって悪い油に含まれる栄養素として、最初に挙げられるのがトランス脂肪酸です。
トランス脂肪酸は、糖尿病や心疾患、脳疾患といった生活習慣病の原因物質であるとされていて、日本以外の先進国では、製造、販売が禁止されていたり、含有量の表示義務があったりと何かしらの制限がされています。

そんなトランス脂肪酸は植物油から加工されたマーガリンやショートニングに含まれていて、日本では普通にスーパーで並んでいたり、お菓子などの原材料にもその名を連ねています。
また、サラダ油も製造過程で生まれたトランス脂肪酸が含まれています。

「リノール酸」の摂取は良質なものを!

リノール酸は人体では合成できないので外部から取り入れる必要のある必須脂肪酸に分類されています。
しかし、リノール酸はサラダ油に多く含まれていることから、ドレッシング、マヨネーズ、菓子、パン、カップ麺、揚げ物などのお惣菜、ファストフードなど、知らず知らずのうちにたくさん取ってしまいがちです。
リノール酸自体は、体にとって必要な脂肪酸なのですが、過剰摂取や質の悪いものは体に良くないとされています。

必要な栄養素であるリノール酸は良質なものを摂取することを心がけることが大切です。

体にとっていい油とは?

体にとっていい油とは?

近年注目を集めている「α-リノレン酸」

ここ数年注目を集めているのがα-リノレン酸です。
えごま油、亜麻仁油に多く含まれている脂肪酸です。
α-リノレン酸は、アレルギー疾患、脳梗塞・心臓疾患などの成人病の予防といった効果があり、現代社会では不足がちとされています。

オリーブイオルなどで有名なオレイン酸

そして、オリーブオイルに代表されるオレイン酸。オレイン酸は、酸化しにくい性質を持っていて動脈硬化や心臓病、高血圧に効果的と言われています。

どんな植物油を選べばいいのか!?

どの植物油が体に良い影響を与えて、植物油に含まれるどんな栄養素がどんな効果があるのかを語られることは多いのですが、その植物油に使われている原材料はどのように作られているのか、その原材料をどんなふうに搾って植物油にされているのかといった工程について語られることは意外と多くありません。
一般的なサラダ油の原材料の多くは海外から輸入されたものを使っています。
その輸入された原材料には遺伝子を組み換えたものも含まれており、日本では植物油に対しては遺伝子組み換えの材料を使用しているかどうかの表示義務がありません。
また、体に良いとされているオリーブオイルも、一般に出回っているものの多く(8割)が偽物なんだそうです。

偽物というのは、オリーブオイル以外の植物油が混ぜてあったり、エクストラバージンと書いてあってもそうじゃなかったりということです。
しかも、値段の高い高級なオリーブオイルを選べば安心安全というわけではないというから、何をどう選んだら良いのかわからなくなってきます。

原料の栽培方法、製造工程までしっかりと開示している商品から選ぶことが大切です。

栽培方法・製造工程まで徹底する「植物油の西川農藝」

西川農藝とは?自然栽培...低温圧搾...
西川農藝が本当に良いと考える「原料由来の豊かな風味と高い栄養価を含んだ安心安全な植物油」を実現するため「自家農園産」、「自然栽培原料」、「低温圧搾生搾り」の3つにこだわっています。

西川農藝の自家農園

西川農藝(にしかわのうげい)は、日本4名山の一つ大山(だいせん)の火山灰が降り積もった黒ボク土壌が広がる豊かな大地と、その地形から狭い範囲で気象条件が多様なことから植物油の原材料となるそれぞれの作物にあった気候で育てることができる鳥取県の倉吉市にあります。
西川農藝では、倉吉市内に点在する自家農園で自然栽培で育てた植物から植物油を作っています。
自然栽培とは、自然の働きを最大限引き出して行う栽培方法で、西川農藝では、農薬、肥料は耕作を開始してから一切使用しておりません。動物性堆肥(畜糞)も一切使わずに原料となる作物を育てているのです。
そんな自然栽培で育てた白ごま、黒ごま、金ごま、えごま、菜種、落花生から植物油を搾っています。

西川農藝の自然栽培

自然栽培には唯一無二の定義があるわけではありません。
西川農藝では「自然栽培」を以下のように定義しています。
“基本原則は「持ち込まず、持ち出さず」。畑に何かを持ち込んだり、何かを持ち出すことで畑という世界で起こる自然な循環を壊さないための重要な原則です。
●農薬及び肥料は耕作を開始した畑では一切使用しない。
●動物性堆肥は肥料目的または土壌改良目的等その他いかなる目的でも使用しない。
●土壌改良は植物残滓を利用した植物性堆肥を基本とする。
●自然栽培を開始して間もない畑では土壌改良のためイネ科またはマメ科の作物を栽培することがある。
●種子は自家採種を基本とする。
●遺伝子組換及びゲノム編集がなされた種子は使用しない。
以上のような施策をもって畑の生態系を活性化し土を豊かにすることで持続可能な栽培を実現する栽培法と定義しています。

自然栽培ならではの味わい

自然栽培の作物はクセがなく体が素直に受け入れる感じがするといわれます。
自然栽培の作物は慣行栽培や有機栽培の作物と比較した場合、栄養価は(場合によっては数倍)高く、欧米では問題となっている硝酸態窒素は数分の一という分析結果が報告されています。
環境に優しいだけでなく人間にも優しい栽培法です。自然は土を良くするメカニズムを備えているのです。そんな自然の力を最大限農業に取れ入れているのが自然栽培です。

西川農藝がこだわる低温圧搾という方法

自家農園での自然栽培と同じく、もう一つのこだわりが原料からの油の搾り方で、低温圧搾という方法で搾っています。
この低温圧搾という方法で圧搾している生産者もありますが、あくまで圧搾の時点が低温で、その他の時点(前後の乾燥や精製の段階)では低温とでは高温処理している可能性があります。

そんな中、西川農藝は人為的熱を加えず摩擦熱のでない昔ながらの玉締めと同じ原理の直圧式搾油機で油を丁寧に搾ります。
低温圧搾は時間はかかりますが、その分、原材料本来の香りがそのまま絞り出されるのが特徴です。この油を搾る工程だけでなく、全ての工程を30℃以下で行います。

30度以下で処理しているから原料となる種子は「生」きています。その証明が、搾る前の種子を畑に蒔けば力強く発芽します。
高温で処理した種子は死んでいるので発芽しません。種子が油分を蓄えているのは、発芽時のエネルギー源として蓄えています。

生きたエネルギーをお届けするための30度未満での処理であり、生搾りに拘る理由です。

低温圧搾する事で、植物油に含まれるビタミンやセサミンなどの機能性成分が失われることなく守られてます。
そして、ビタミンや機能性成分の減少に加えトランス脂肪酸を生成する化学的精製は一切行っていないので植物油に含まれる豊かな栄養成分が残るのです。

西川農藝は徹底した栽培基準を守り、手間暇のかかる方法で植物油を作ることにより、安心安全な品質を保つことが出来るのです。

西川農藝の植物油の鮮度へのこだわり

油は光、熱、酸素にさらされると悪くなります。油が悪くなるとは油が酸化するということです。酸化した油は過酸化脂質と呼ばれるものに変化し、過酸化脂質は大量摂取すると下痢などを引き起こす毒性の強いものです。

そしてそれは、安心安全な品質の西川農藝の植物油であっても同じです。だからこそ、西川農藝では搾った植物油の鮮度にもこだわっています。効率は悪くても玉締めと同じ原理の直圧式搾油機で搾るのは摩擦熱による酸化をさせないためです。
光による酸化を抑えるために色付き瓶を使用し、なるべく空気に触れないように瓶の縁まで油を入れ、開封後は早く使い切れるように小瓶での販売にしています。

特に酸化しやすい繊細なえごま油に関しては、気温の高い時期はクール便で発送するなど、いかに鮮度の良い植物油を消費者に届けるかに注力しています。
更に、一般的には賞味期限の1/3を過ぎたものは販売しないのが食品製造業者の慣例になっていますが、西川農藝では、一段と厳しく賞味期限の1/6を過ぎた油は販売しないという徹底ぶりです。

身体が喜んでいると感じることのできる美味しさ


西川農藝の考える”美味しい”とは、単純に舌が美味しいと感じることだけでなく、身体全身が美味しいと感じることができて”美味しい”といえると考えています。
もちろん、舌が美味しいと感じることは重要です。そうでなければ、継続できません。不味いものを食べ続けるのは誰にとっても苦痛です。しかし、さらに進んで身体が喜んでいると感じることのできる美味しさを何よりも重要だと考えています。

「自家農園産」、「自然栽培原料」、「低温圧搾生搾り」の3つにこだわりにより「本来の味わい」、「美味しさ」を感じることが出来ると考えています。

油を大量生産するために危険な溶剤が使用されたり、偽装された植物油が市場に出回る中、愚直に“原料由来の豊かな風味と栄養が含まれた安心安全な油”を作り続けている西川農藝の確実に質の良い植物油を一度体験してみませんか。

西川農藝の植物油が購入できる場所

『逸品グルメ』-お取り寄せ-で「西川農藝」の植物油を購入することが出来ます。

逸品グルメ_お取り寄せバナー_ご購入はこちら