熱中症予防や美容にも効果大!『スイカ』のすごいパワー

夏になると無性に食べたくなるのが『スイカ』ですよね。みずみずしく上品な甘さと、シャリシャリとした食感は、『スイカ』ならではのおいしさです。実は『スイカ』を夏に食べたくなるのには、理由があるのを知っていますか?おいしいだけではなく、熱中症予防や美容にも優れた効果を発揮する、『スイカ』のパワーをご紹介します。

熱中症予防に最適!『スイカ』は食べるスポーツドリンク?!

熱中症予防には、こまめな水分補給と塩分の摂取が大切といわれています。『スイカ』はなんと90%以上が水分。そして、カリウムやマグネシウムなどのミネラル、ビタミンB1やビタミンB2などのビタミン、糖分などの豊富な栄養素をバランスよく含んでいます。
『スイカ』はよく塩を振って食べることがありますが、実をいうと、この食べ方は理にかなっているのです。ミネラルや糖質などを含む水分豊富な『スイカ』に塩をかけるのは、汗をかくことによって失われた体内のナトリウム(塩分)も補うこともできます。そのため、スポーツドリンクと同じような効果をもたらしてくれるのです。まさに『スイカ』は食べるスポーツドリンクですね。
また、ビタミンB群は疲労からの回復を早め、糖分はすばやくエネルギーに変わるので、『スイカ』パワーは夏バテにも力を発揮してくれます。
暑くてカラカラに乾いた身体を水分やミネラル、そしてビタミンとともに潤して、元気をあたえてくれる、それが『スイカ』なのです。

ダイエットにも効果的!?気になる『スイカ』のカロリー

『スイカ』は夏に食べると、身体にとてもよいことはわかったけれど、甘いから太るのでは?と気になる人も多いかもしれません。しかし、そのような心配は無用です。『スイカ』のカロリーは100gあたり37kcalと、かなり低いのです。そのうえ水分が多く、ボリューム感もあるので、食べると満腹感が得られます。
ダイエットは満腹感を得られるかどうかが成功の鍵を握っていますので、『スイカ』をダイエット中に食べると効果的といわれます。たとえば間食で甘いものが食べたくなったとき、『スイカ』とアイスクリームとを比較すると、『スイカ』のほうが脂質やカロリーが低く、食べるとお腹がいっぱいになるので、太りにくいです。また、いつもの食事のメニューに『スイカ』を取り入れると、満腹感が早く得られ、食べ過ぎを抑えることができます。
加えて、『スイカ』は水分が多く、水溶性と不溶性の食物繊維をバランスよく含んでいるので、便秘改善の効果も期待できるなど、『スイカ』はダイエットにもいいことづくしなのです。

美肌やアンチエイジングなど、女性にうれしい効果もいっぱい

『スイカ』の果肉が赤いのは、βカロテンとリコピンという色素が豊富に含まれているから。さらに、『スイカ』はビタミンCも豊富です。βカロテンは体内でビタミンAに変換され、新陳代謝を促し、肌の健康を保ってくれます。リコピンは細胞を老化させる活性酸素を除去する働きをします。『スイカ』は、リコピンが多い食材として知られるトマトよりも含有量が多いというから驚きです。また、ビタミンCは肌の弾力を維持するコラーゲンの形成にとても大切で、メラニンの生成を抑えることから美白効果も期待されます。日焼けをした後に『スイカ』を食べるのもおすすめです。美肌やアンチエイジングなど、女性にうれしい効果がある点にも注目です。

血流をよくするスーパーアミノ酸シトルリンが豊富

『スイカ』にはスーパーアミノ酸と呼ばれるシトルリンも豊富です。シトルリンは血管の筋肉を柔らかくして広げ、血流をよくする働きがあります。そのため、冷え性やむくみ、動脈硬化にも効能があります。シトルリンは『スイカ』の果肉に多く含まれていますが、それ以上に皮の白い部分にも含まれていて、白い部分も食べたほうが身体にいいのです。白い部分は漬物やピクルスのほか、きんぴらなどにしてもおいしく食べることができます。

以上のように、『スイカ』には熱中症予防や夏バテの回復、ダイエット、美肌効果、血流をよくするなど、夏にうれしい効果がたくさんあります。『スイカ』を食べて、暑い夏を元気に楽しく過ごしましょう!