美味しい魚とお酒のマリアージュ 銘店「摩多以」のこだわり

店主 齊藤摩多以 氏

人とのつながりを大切に
食材も、できるだけ作った人の見えるものを…

「薬研堀 まごころ料理 摩多以」店主 齊藤摩多以(サイトウマタイ)。1970年生まれ、神奈川県横浜市出身。
料理学校卒業後、有名料亭やホテルの料理長を経験。また、日本のみならずオーストラリアでも腕を磨き、約30年に渡って日本料理に携わり、2017年3月に日本料理店「薬研堀 まごころ料理 摩多以」をオープン。様々な経験から生み出される料理は、素材の良さが最大限に引き出されているだけでなく、お客様や生産者への想いも詰まった、全てに“まごころ”が感じられる逸品料理となっている。

「薬研堀 まごころ料理 摩多以」のこだわり

◉お魚は天然物にこだわります。
◉日本酒は純米燗酒にこだわります。
◉ワインは冷涼地にこだわります。
◉お野菜は鮮度にこだわります。
◉お客様の居心地の良さにこだわります。



浅草線東日本橋駅から徒歩2分。薬研堀不動院のすぐ隣が、日本料理店『薬研堀 まごころ料理 摩多以』です。もう、お気づきかと思いますが店名の“摩多以(マタイ)”とはお店のご主人のお名前です。カウンター席で料理を楽しみながらお話をしていましたが、 “情熱があってキラキラしている”そんな方です。

お店の暖簾をくぐると、カウンター席とテーブル席で約20席あり、お洒落で高級感のある温かな雰囲気に包まれます。和やかな空間づくりにも摩多以さんのこだわりを感じます。

メニューのメインとなる魚介は、その時々の一番美味しいものを摩多以さんが実際に築地で入荷するほか、産地直送の旬で新鮮な食材を仕入れています。オススメの『逸品料理』は、その日によって異なるので、店主のおすすめを選んだり、全てお任せもアリだと思います。

食材も、できるだけ作った人の見えるものを…。

その食材の良さ引き出すのが料理人の役目。

店主の志からも、“まごころ”を込める料理への“こだわり”が感じられます。
お酒の種類は、樽生達人店として認定されているビールから、日本酒、ワイン…など、非常に豊富で、その都度、料理に合わせて相性の良いお酒をオススメしてくださいます。この、食事とお酒のマリアージュが非常に秀逸!!期待を裏切らない美味しさで、次の料理はなんだろう…一緒に出てくるお酒はなんだろう…と、ワクワクしてしまいます。また、日本酒造りに使われる水“仕込み水”が、小休止のチェイサーとして出てきます。
もちろん、お酒を飲まなくても、素材や料理の美味しさに感動する逸品料理たちを堪能することができます。

人とのつながりを大切に

食材、料理、酒、店、全てにおいて“こだわり”と“まごころ“が感じられ、店主の料理や人に対する“愛情”が伝わってくるお店です。
美味しい魚介と、美味しいお酒で素敵な時間を過ごすなら、日本料理店「薬研堀 まごころ料理 摩多以」で決まりです。ぜひ一度、お試しください。

本日のお魚と、本日の逸品たち



逸品料理 『枝幸のホタテの燻製・天ぷら』

逸品料理『枝幸のホタテの燻製』

「薬研堀 まごころ料理 摩多以」 店舗情報

日本料理店「薬研堀 まごころ料理 摩多以」(東日本橋)

「薬研堀 まごころ料理 摩多以」ホームページ