養殖業界に革命を起こした”オバマスタイル”とは?鹿児島県産『極上カンパチ』

『カンパチ』はスズキ目アジ科の大型回遊魚です。日本では味の良さから天然魚は特に高級魚として扱われています。
脂のノリが良く、程よい食感と甘みで人気の『カンパチ』ですが、現在、日本に流通している『カンパチ』は天然物よりも養殖物の方が多いって知っていましたか?
そして、そんな養殖物の『カンパチ』の中で、天然物の『カンパチ』よりも栄養素が高く、大きくて高品質で美味しい『カンパチ』があるんです!その名も『極上カンパチ』
今回は、養殖カンパチの生産量が日本一の鹿児島県で養殖される『極上カンパチ』をご紹介します!

『極上カンパチ』が育つ、錦江湾の特徴

『極上カンパチ』は鹿児島県錦江湾の養殖業者「小浜水産」によるブランドカンパチです。「小浜水産」は、全国屈指の『カンパチ』の生産者としても知られています
この『極上カンパチ』は、鹿児島県大隅半島の南端、南大隅長沖合いの根占漁場で育ちます。この漁場は、錦江湾の出入り口にあり、太平洋を北上する黒潮が佐多岬にぶつかって流れ込みます。また、綺麗な水質として知られていて、水深が深く、冬でも水温が高いため、カンパチの養殖にはぴったりの環境です。このような特徴により、天然にも負けない、高品質のカンパチは誕生します。

『極上カンパチ』の特徴・美味しさの秘密“オバマスタイル”

好条件の養殖環境に加え、『極上カンパチ』は特別な餌が与えられています。一般的に魚の養殖時には、与える餌の量と、成長する体重は比例すると考えられています。養殖ですから、体が大きく、脂がたっぷり乗った方いいですものね。しかし、与えすぎても魚が餌を吐き出してしまうことも多く見られたそうです。その点を踏まえて、「小浜水産」は独自の養殖方法を開発しました。その名も“オバマスタイル”

餌を与える回数を減らすという養殖業ではなかなか考えられない方法ながら、効率的に栄養を摂取でき、元気で大きく成長するという方法に成功したのです。

その方法は、従来の餌に養魚用の高エネルギーサプリメントを混ぜるのですが、驚きなのが、これを与える頻度です。従来は夏場だと1日に2〜3回与えていたのに対し、新たな“オバマスタイル”だと、夏場にはなんと1週間に約3回ほどの給餌なのです!こんなにも少ない餌なのにも関わらず、従来よりも大きく健康的に育ち、成長速度もは早くなり、優れた肉質と旨味の倍増、高脂質を実現しました。また、大きさだけでなく、『極上カンパチ』には脳の活性化や、中性脂肪の減少、血液を綺麗にしてサラサラにするといわれるDHAやEPAなどの栄養素が、天然カンパチの4倍、マグロの25倍、サーモンの1.5倍も含まれているというのです!
新しい養殖方法や文化を築いた小浜水産の『極上カンパチ』。高品質で栄養価も高く、コストの削減も実現できた“オバマスタイル”は、「水産庁長官賞」と「全国漁連海面魚類養殖業対策協議会会長賞」の受賞しています。それほど、今までの養殖業の常識を覆し、養殖業界に革命を起こしたということです。すごいですよね
『極上カンパチ』は、プリッとした食感と、脂が乗っていて旨味と甘味が口の中に広がる、まさに極上の味です。独特の魚臭さも抑えられており、刺身やしゃぶしゃぶのみならず、塩焼きや照り焼き、あら煮などの料理でも楽しむことができます。

脂のノリが良く、ファンも多い『カンパチ』。その中でもこだわって養殖された『極上カンパチ』をぜひ味わってみてくださいね!

『極上カンパチ』のお問い合わせはこちら