うまさの秘密は日本人が大好きなあれ!? 幻の食材『大鰐温泉もやし』

安くて手軽に野菜が摂取でき、年間通して手に入るもやし。
スーパーでは一袋数十円で売られていることから、家庭の強い味方として冷蔵庫に常備しているなんて方も多いのではないでしょうか。
実は、そんなもやしの高級品があるのをご存じでしょうか。
お値段なんと、スーパーで売られているものの約10倍

今回は青森県大鰐町で栽培されている幻の食材、『大鰐温泉もやし』(おおわにおんせん)をご紹介いたします。

大鰐温泉もやしとは?

青森県大鰐町は、800年以上の歴史ある温泉の名所として有名です。
その特色を生かし、栽培されているのが『大鰐温泉もやし』
水道水は一滴も使用せず、温泉熱と温泉水だけを使用し、温泉熱で温めた土に大豆を直接蒔いて栽培しています。
350年以上前から現代に受け継がれている、津軽地方に伝わる伝統野菜の一つです。

収穫は主に11月~4月頃ですが、近年はメディアで取り上げられることも多く、生産が追いついていないそう。
『大鰐温泉もやし』は地元で70%が消費され、県外に出回るのは残りの30%程度。
手に入るのは大鰐町の産直店ぐらいしかなく、東京では渋谷や浅草などで高級品として提供されている貴重な食材です。

大鰐温泉もやしの特徴とは?

見た目の特徴はその長さ
およそ40cmのもやしを、昔と変わらず藁を用いて束ねています。
なんとこの作業、手作業だそう。ここでも伝統がしっかりと受け継がれています。

気になるお味ですが、独特の香りとシャキシャキとした歯ごたえを楽しむことができます。
大鰐もやしの一番のポイントである歯ごたえの秘密は、もちろん温泉
温泉熱で土を温め、1週間かけてゆっくりと育てることで、シャキっとした歯ごたえが生まれます。
さらに、独特のうまみがあり、味の良さと品質の高さも人気の秘密。
水耕栽培と違い、土を使用し育てているためほのかに土の香りも感じられます。

栄養価とおすすめの食べ方

『大鰐温泉もやし』は、水耕栽培に比べ土からの養分を吸収しながら育ちます。
カルシウム鉄分などのミネラルビタミンBビタミンCが通常のもやしより豊富です。
また、温泉水にもミネラルが豊富に含まれていることから、発芽する事で大豆の時よりも約2倍近い栄養素が含有されるといわれています。
効率よく栄養を摂ることができ、栄養面でもとても優れた食品です。

『大鰐温泉もやし』は、”豆もやし”と、それより細い”細もやし”があります。
”豆もやし”は味噌汁や炒め物、ラーメンのトッピングに、”細もやし”はおひたしや和え物として食べるのがオススメです。

”感動する食感とおいしさ”が広まり、県外から食べにやってくる人もいるそうです。
地域の活性化にも一役買っており、大鰐町には『大鰐温泉もやし』を使用したメニューを提供する飲食店もあります。
安くて美味しいもやしですが、たまの贅沢で感動のおいしさを体験してみてはいかがでしょうか。