幻の伝統野菜『祝だいこん』とは何モノか

古の都・奈良県には、平城京に遷都された710年よりも古くから伝わる“大和野菜”がたくさんありますよ!
味も美味な野菜が多く、地元では祝事や客人をもてなす料理に使われることが多いです。
そんな古都・奈良のお膝元、奈良県奈良市に伝わる『祝だいこん』(いわいだいこん)はご存知でしょうか。四十日大根から系統を分けている大根で奈良県では主に正月の雑煮用として栽培されています。
その由来は日本書紀に”於朋禰(おほね)”と記載されているほど古く、昔から人々の食生活に息づいてきました。一般家庭向けの栽培は大正時代から本格的に始まり、2005年に大和の伝統野菜として奈良県より”大和野菜”に認定されました。これを機会に奈良県内で呼ばれていた”雑煮だいこん”から『祝だいこん』と改めて名付けられました。
”雑煮だいこん”という昔の名前からもわかるように、新年を迎える雑煮の準備で年末需要が高い野菜ですが、収穫してから市場に出回る時期が年末(12月下旬)の数日のみという非常に珍しい野菜です。栽培は10月中旬頃から種をまき始め、同月末頃には間引きをします。間引いただいこんの葉も出荷されています。そして12月に大根を収穫、出荷します。この期間内は奈良県内のスーパーに設けられている地元野菜コーナーや八百屋で購入することができますが、それ以外の時期に市場に出ていることはほとんどありません。

どんな味や特徴があるの?

実はこの大根、スーパーに並んでいる私たちが知る大根とは見た目が少し異なります。とにかく細いのです。長さが20~30cmに対し、直径が約3cmとスラっとした細身です。一見すると白いごぼうのような風体です。主食部分の根は成長過程で曲がりやすいため、栽培時には丁寧に土寄せをして柔らかい土壌を準備する必要があり、大量生産が難しい野菜です。
しかし、丁寧に育てられた祝だいこんは肉質がしっかりと締まっていて、雑煮にしても煮崩れがしにくく、歯ごたえのあるコリっとした食感を楽しむことができます。味も大根らしい爽やかな味で良く煮汁を吸ってくれるので煮物に適しています。

大和の雑煮とは?

奈良県(大和地方)の雑煮は円満(夫婦や家庭などたくさんの円満がありますね)の願いを込めて野菜を”輪切り”にします。また里芋や豆腐も丸く形を整えて、さらに焼いた丸餅を加えます。丸い食材に満たされた食材を白味噌で仕立てて雑煮にします。また、雑煮に付ける一品として祝だいこんの葉を炒めると食卓の色合いも良くなりますし、おいしく食べられます。また、おひたしやチャーハンの具材としても美味です。

そんな祝だいこんは雑煮のお椀のサイズにぴったりと合うことから”雑煮の友”として重宝されてきました。近年、雑煮を食べるご家庭が減っているようですが、これを機会に年末年始に「旬」を迎える野菜を年の初めに家族で食して、円満な一年を始めてみるのも良いのではないでしょうか?