逸品グルメ-IPPIN-

今年最初の旬!4月が狙い目!江ノ島の「生しらす」(湘南)

今年最初の旬!4月が狙い目!江ノ島の「生しらす」(湘南) シラス漁は、太平洋沿岸の相模湾、駿河湾、伊勢湾、瀬戸内海などで多く漁獲されています。しらすの産地は全国にたくさんありますが、その中で関東では、湘南地方の江ノ島の「生しらす」が有名なのではないでしょうか。 さまざまなスポットにも恵まれている湘南では、江ノ島や鎌倉などの観光をしつつ、新鮮な「しらす」を味わうことができます。特に、その日に水揚げされた「しらす」は最高です。「しらす」の魅力といえば、小さい身体ながら、旨味が詰まっている存在感ではないでしょうか。 今回は、この江ノ島の「生しらす」の旬や秘密を探りたいと思います。

そもそも「しらす」って何の魚?

そもそも「しらす」って何の魚? 身体が透き通っていて、茹でると白くなる「しらす」。釜揚げ、しらす干し、チリメンジャコなど、さまざまな食べ方のある「しらす」は一年中食べられる食材ですが、そもそも「しらす」って何の魚なのでしょうか。 「しらす」はカタクチイワシ、マイワシ、ウナギ、アユ、ニシンなどの、白くて身体に色素がない稚魚の総称を言います。ですが、一般的に普段から食用としているのは、主にカタクチイワシの稚魚がほとんどです。カタクチイワシは日本で、最も漁獲量の多い魚です。そのため、「しらす」も時期が来ると大量に取ることができ、一年中お目にかかることができます。

江ノ島では、どうやって「しらす」を獲るの?

江ノ島で取れる「しらす」の漁場は相模湾で、相模湾内の各漁港に水揚げされます。相模湾は、黒潮の暖流が流れ込みやすいため、水深5〜30mのごく沿岸域に「しらす」の漁場が作られます。漁場が近いため、短時間で水揚げでき、獲ってすぐに氷で鮮度管理され、とれたての鮮度の良い状態を保ったまま、水揚げすることができます。 また、「しらす」は船びき網漁という漁獲法により水揚げされます。この船びき網漁にも2種類あり、二艘の漁船で網をひく“二艘びき”と、一艘の船でひく“一艘びき”があります。江ノ島では、海域の特徴もあり、短時間で「しらす」にも優しい一艘引き漁獲しているそうです。 江ノ島では、どうやって「しらす」を獲るの? 一艘びき網漁 “先端に袋状の網があり、それを船が引っ張る。全長約150m程。魚群を見つけたら魚を過酷ようにして網を入れ、船を走らせると、徐々に網と網の幅が狭まり、魚が袋網に入って行くという仕組み”

「生しらす」の旬はいつ?

「生しらす」の旬はいつ? 「生しらす」は、一年中いつでも食べられるというわけではなく、湘南地方では、毎年1月1日〜3月10日までは、「しらす」を獲ってはいけない禁漁期間に入ります。これは、毎年この期間には、「しらす」とともに“鮎の稚魚”も混ざってしまうため、これを保護する目的で禁漁期間を設けているそうです。 そして、湘南の「しらす」は旬は、1年に3回あると言われています。黒潮に乗り沖から入ってくる、春しらす“4〜5月”、相模湾特有の夏しらす“7月”、沿岸で生まれ育つ秋しらす“10月”。禁漁期間を除くと、ほぼ一年中「生しらす」を食べることができます。また、時期によっても「しらす」の味の特徴が変わるので、違いを楽しむこともできそうです。

「しらす」の栄養

頭から尻尾まで、全身食べられるしらすは、低カロリーで栄養豊富な健康食品として抜群です。 ビタミンD カルシウムの吸収を助け、歯や骨の成長や、健康保持に効果 ビタミンB12 赤血球を生成。貧血予防に期待できます。肩こりや頭痛の解消にも効果あり。 カルシウム 牛乳の2倍以上のカルシウムを含む。骨粗しょう症を予防したり、ストレスを抑える働きにも期待。 リン “骨のミネラル”と言われるほど、カルシウムとともに、骨や歯を形成します。細胞の生命活動に欠かせない要素の一つ。 DHA、EPA どちらも血液をサラサラにします。DNAは脳や神経系の機能を高める働きがあり、記憶力の向上、効果的な学習能力の定着をさせると言われます。 「生しらす」はとにかく鮮度が命です。数時間でもすぐに色が変わってしまうので、生では食べられなくなってしまいます。非常に繊細なので、水揚げされる地域以外ではなかなか食べることができません。このように、産地以外ではなかなか食べられないからこそ、旬の味は格別となります。日常でしらす料理を出しているお店でも、「生しらす」が仕入れられないことがあるほど、人気が高いです。 これから、7月に2度目の旬を迎える「生しらす」。この時期を逃がさず、湘南、江ノ島に足を運んでみてはいかがでしょうか。

江ノ島で「生しらす」を食べるならここ!オススメ5店!

江ノ島で「生しらす」を食べるならここ!オススメ5店!(湘南)
春が旬の魚を食べよう!その特徴と栄養・おもしろ豆知識!