味よし・色よし・香りよし『黒潮海苔店』の極上「焼き海苔」

海の牛肉と呼ばれているほど、実はタンパク質を豊富に含んでいる「海苔」。
若さを保つのに欠かせないビタミンA・C・Eや、女性には不足しがちな鉄分やカルシウムも豊富に含まれ、またカロリーも低いために、ダイエットにも良いそうです。

「海苔」の種類

そんな「海苔」には様々な種類があります。
・あおさ海苔
…生海苔とは種類の異なる海藻。生色や乾燥させても使用できる。お好み焼き屋焼きそばにかける青のりと同じもの
・生海苔
…乾燥海苔・焼き海苔・味付け海苔の原料となる海苔。漁師さんは生海苔を刺身にして食べることもあるそうです。
・乾燥海苔
…板海苔とも呼ばれます。生海苔を乾燥させたもの。
・焼き海苔
…乾燥海苔を焼いたもの。
・味付け海苔
…乾燥海苔に味付けをし、焼いたもの

現在の日本で販売されている海苔の定番といえば、「焼き海苔」。
弁当や、おにぎり、巻き寿司、ふりかけなどの食事だけではなく、せんべいや、団子などの米菓にも使用されており、口にすることが多い、日本の食卓には馴染み深い食品です。

「焼き海苔」は、パリッとした食感と焼き上げられた香ばしい磯の風味を手軽に楽しむことができます。また、「焼き海苔」にすると、消化がよくなることもわかっています。味付けがされていないシンプルな味わいから料理にも使用しやすく、好みに合わせて様々な食べ方できるのも魅力の1つです。

「焼き海苔」の作られ方

さて、では「焼き海苔」とはどの様にして作られるのでしょうか。
「焼き海苔」、摘み取った海苔を洗浄した後に、紙の様に板状に抄き(すき)、乾燥させてから焼き上げられて作られます。焼き上げずに乾燥の段階で終わるものは板海苔や乾燥海苔と呼ばれており、昔の海苔といえば乾燥のりが主流でした。台所で、海苔をコンロで炙っていた光景が懐かしいですね。
現在では、加工の段階ですでに焼き上げられている「焼き海苔」が、便利で手軽に使えるということからも主流になっています。

この「海苔」の味や風味は、生産地で特徴が変化する様です。
・有明海
…柔らかく口どけの良い「海苔」で、味と質が良いことで有名。産地は佐賀県、福岡県など。
・瀬戸内海
…しっかりとした厚みのある「海苔」で、コンビニのおにぎりなどの業務用として人気。産地は兵庫県、香川県など。
・伊勢湾
…艶があり味の濃い「海苔」で、寿司屋でもよく利用されている。産地は愛知県と三重県。
・東京湾
…やや硬めの香りの強い「海苔」で、寿司屋や贈答品としても人気。産地は千葉県と神奈川県。

食べ比べて、自分好みの「海苔」を探すのもいいですね。

『黒潮海苔店』 極上の「焼き海苔」

 

「海苔」の養殖で培った長年の経験と、品質を見極める確かな目で、全国有数の産地から選び抜抜いた「生海苔」で、鮮度と品質の高い海苔製造販売を続けている『黒潮海苔店』。お店は間もなく創業50年を迎える老舗の海苔屋さんです。こちらの「焼き海苔」は、やはり一味違います。

極上「焼き海苔」の買える店『黒潮海苔店』

鮮度の高い美味しい「海苔」をお届けする『黒潮海苔店』

『黒潮海苔店』の「焼き海苔」を使用しているお店

築地・仙台の新鮮な魚介が楽しめる『お魚ダイニング 三好』(豊洲)