島根県松江市の郷土料理『鱸(スズキ)の奉書焼き』

 鱸の産地としても有名な、島根県宍道湖では、産卵のために海からやってくる“太腹スズキ”が有名で“宍道湖七珍”の一つとなっています。スズキを使った郷土料理『鱸の奉書焼き』はこの地方の名物となっています。
 江戸時代、漁師たちが灰の中で蒸し焼きにした鱸(スズキ)を食べているところを、その当時の松江藩主 松平不昧(マツダイラフマイ)公が見て、食べたいと要望したところから、『鱸の奉書焼き』は誕生します。漁師たちは、さすがに灰のついたままお渡しするのは恐れ多いとなったため、濡れた奉書(和紙)に包んで蒸し焼きにした魚を献上したところ、次非常に喜ばれ、今では郷土料理として古くから定着しているそうです。

スズキは夏の出世魚!

『鱸(スズキ)』は夏の出世魚