赤身とサシのバランスが秀逸 !長崎和牛『出島ばらいろ』

『出島ばらいろ』と聞いて、どのような食べ物を思い浮かべますか?はたまた、食べ物以外か!?
『出島ばらいろ』は日本一に輝いた長崎和牛の一つで、生産者は8戸のみと大変貴重な牛肉です。8戸の生産者が同じ資料を使用し、飼い方の研究をしながら、丁寧に育てられています。霜降りの具合だけでなく、脂身と赤身、それぞれの美味しさが際立っていて、肉の旨みを超越した、バラ色の美味しさが特徴です。
今回は、そんな『出島ばらいろ』をご紹介します。

『出島ばらいろ』とは


5年に一度開催される和牛のオリンピックで、内閣総理大臣賞を受賞した『長崎和牛』。そのうち長崎市内8戸の農家のみで生産された黒毛和牛が『出島ばらいろ』です。
『出島ばらいろ』は、長崎和牛のうち9%ほどの生産割合のため、非常に希少な牛肉です。統一基準に基づいて飼育されているため、品質にばらつきが少なく、約75%が4〜5等級という高品質で安定した美味しさで、霜降りの具合と赤身のバランスが良く、黒毛和牛本来の旨みを追求した逸品です。
焼肉などで好まれる“バラ肉”が厚く、“バラの花”のような鮮やかな赤身肉をしていて、そして、長崎の歴史と深い関係のある“出島”を掛け合わせて長崎和牛『出島ばらいろ』と名付けられています。

統一基準に基づいた飼育管理


『出島ばらいろ』の美味しさの秘密には、徹底した飼養管理にあります。例えば、骨が成長する時期、肉が付き始める時期、サシが入る時期など、牛の発育過程に合わせた飼育を行ったり、厳選した配合飼料を開発したことにより、牛の病気の発生は減り、その分薬を与えなくても良くなったため、より健康的に、そして安心・安全な牛肉を作ることができました。また、クラシック音楽を牛舎に流して、ストレスを与えない工夫もされているそうです。このような管理が『出島ばらいろ』の美味しさの秘密に繋がっています。
日本一にも輝いた、妥協のない究極の逸品『出島ばらいろ』を、ぜひご賞味ください!

『出島ばらいろ』のお取り寄せはこちらから